静かな生活 ~ 東京で双子育児 ~

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

双子とお出かけ、のち返り討ち

先日、双子友達のお宅(ふたつ隣の駅)へ遊びに行ったら、

「え?!電車で来たの?すごいーーー!」と驚かれました。

なんでも、その友人(双子1歳2ヶ月)は1人で双子を連れてまだ電車に乗ったことがないのだとか。

きっとそういう双子ちゃんも多いと思うのですが、
その友人、双子連れでTDLへ行ったらしく、
私はその方がよっぽどスゴイと思います^ ^;


さて、私は結構1人で双子を連れて電車に乗りますが…
はっきり言って

ことごとく、返り討ちにあっています。

-----------------------
【ケース1】

5ヶ月の時、数駅となりの子育て支援センターに遊びに行ったものの、
あそび広場で双子同時にぐずり、授乳してもおさまらずエスカレート…即、撤収。
帰りの電車の中でも泣き止まず、冷ややかな視線を浴びつつ帰宅。

【ケース2】

7ヶ月くらいの時、同じく子育て支援センターの赤ちゃん向けイベントに参加。
双子同時にぐずる → 職員が1人だっこしてくれるも泣き止まず、
結局、自分で双子をだっこ&おんぶ。

室内が蒸し暑く、泣き声でイベントに迷惑もかけるので廊下に出て数十分あやし、
結局まったくイベントに参加できず…ヘトヘトになって撤収。

【ケース3】

ちょうど1歳の時、電車で約30分(乗り換えアリ)の友人宅へチャレンジ。
行きはヨイヨイ…も、復路に炸裂。
息子 = おんぶ、娘 = 2人乗りベビーカーという状態で、
娘が今までにないくらいの激泣きに…

乗り換えだったので、だっこすることもできず、
足早に駅構内を移動しましたが、
駅中に響き渡る泣き声(金切り声)に、全ての人に振り返られました…

女子高生の「すっごい泣いてる~」「うわっ、もう一人いる~!」という会話が
耳に入ってきました^ ^;

ようやく乗り換えのホームについたので、娘をだっこして、
ようやく泣き声はおさまりましたが、問題はその日スリングを持っておらず…

1人おんぶ + 1人片手だっこ(だっこ紐ナシ) + 片手ベビーカー押す

という状態で電車に乗り込む羽目に…
心身ともに凍りついたお出かけとなりました…orz
-----------------------

PC240463-1.jpg

以前、急遽ランチに誘われ、1人で双子を車にのせて出かけたら、
渋滞にはまる → 車内で双子大合唱 → 息子が泣きすぎてリバース
 → 目的地に着いてすぐに着替え → ラストオーダーにギリ間に合わず、結局食べられなかった
なんてことも、あったなぁ…T T

時間的に余裕のないお出かけを決行した自分がバカでした…
ホテルの鉄板焼きの誘惑に負けてしまったのです…;



こんなことが続いたので、お出かけ恐怖症になり、
双子あるある!のひきこもりにもなったのですが、

夫は訳あって土日も平日もないので…
私はどうにかこうにか、自分で気分転換するためにもお出かけするしかなく、


お出かけして、返り討ちにあう
   ↓
ひきこもりになる
   ↓
ストレスがたまってくる
   ↓
元気な時を見計らって、また外出にチャレンジする
   ↓
返り討ちにあう



このサイクルを繰り返しています^ ^;

最近はまだマシになったような気もしますが、
保健師さんの話を聞いて以来、よっぽどの状況でない限り、
ぐずってもお菓子で黙らせるのはやめよう…と夫婦で決めたので、
1人の時にどちらかでもグズグズ…が始まると今でもヒヤヒヤします。

-----------------------
【この経験から得た教訓】

【1】双子育児に理解ある場所なら行ってよし

訪問先が子どもにとってのみならず、自分にとっても優しい場所であれば、
たとえヘトヘトになって帰って来たとしても、「行ってよかった」と思えます。

因みに、私の自治体の子育て支援センターは、スタッフが素人過ぎのうえ、
双子でも基本サポートなしで放置されるので…×です。
行くと“子育て支援”されているどころか、いつも孤立感を深めて帰ってきます^ ^;

双子友達や本音が言える友達宅などは◎。


【2】迷ったら行け、疲れていたらやめろ

学生の頃から、「迷ったら積極的な方に決める」
という考え方でやってきました。
(行くか、行かないか…なら“行く”)

積極的な方を選べば、よほど嫌なことが起きない限り
消極的な方を選ぶより後悔が少ない気がして。


ただ、双子とのお出かけに関しては、メンタルだけの問題ではなく、
自分(母親)の体力・精神力のエネルギー残量によって決まります。

なので、迷ったら基本出る!というスタンスはそのままに、

今日出かけたら疲れを明日に持ち越しそう…とか
今日はちょっと寝不足だから体力に自信ない…
という日は、近所にするなど、足を延ばしたお出かけは、無理せず見送ることにしました。

(約束している場合は、前日までに全力で体調管理につとめますが)



【3】おんぶ紐・スリング・ガーゼケットを忘れるべからず、さもなくば血を見る


これはあくまで我が家の場合ですが、1人で双子を連れて外出中に
ベビーカーでぐずった場合、いつも下記のように対応しています。

ぐずり始める
   ↓
ベビーカーで動き回る(止まらない)
   ↓
目新しいもの(プラスチックのスプーンとか紙とか)であやす

※これまであまり効果がなかったので、おもちゃは持ち歩きません
   
ガーゼケットをわたす

※これを持ったり吸ったりしていると安心する、いわゆる“ライナスの毛布”
   ↓
それでもぐずる場合、1人おんぶ(おんぶ紐)
   ↓
もう1人もぐずる場合、1人だっこ(スリング)


です。自分が疲れすぎていたり、あまりに周囲に迷惑がかかる時、
すぐにだっこ&おんぶができない状況の時は、
あくまで最終手段として、おさかなせんべいや野菜チップスなどの
お菓子をあげてしまう事もあります。


先日IKEAへ行った時、おんぶ紐×2をまるっと忘れ、
数時間、断続的に腕でだっこする羽目になり…クッタクタに。
血を見ました。

夫がいたので1人ずつ対処してどうにかなりましたが、
これが自分1人の時だったら…と思うとゾッとします^ ^;

-----------------------


本当はもっと毎日外出して、身体を使って遊ばせてあげたいんですけどね…
近所の公園だけでも、私1人では到底目と手が足りず。

(1人すべり台に勝手に登っていく、1人水道の排水溝をさわりまくる…という感じなので)

気力・体力に全く自身がないのですが、じりじり少しずつでも
またお出かけにチャレンジしていきたいものです…

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ にほんブログ村 子育てブログ ミックスツインズ(男女の双子)へ にほんブログ村 ファッションブログ 子供服へ

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。