静かな生活 ~ 東京で双子育児 ~

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

双子のお人形【1】

遊びの中でも、“外遊び”に並んで、男女限らず
“お人形遊び・ごっこ遊び”にかなりの重きを置いている私…

お人形選びにはこだわりました。

バーネットの小説『小公女』に出てくるサアラ(セーラ)のお人形のイメージで、
子供たちの“心の友達”になるような…
大人になってもずっと持っていたい、と双子に思ってもらえるようなお人形を探しました。


その甲斐あってなのかは定かではありませんが、
最近、双子(1歳3ヶ月)はお人形が大好き!

最初は息子が興味を持って、だっこしたり、いい子いい子・チュッなどしていたのですが、
最近は娘がおんぶにだっこに…と、かなりお人形で遊ぶようになりました。

P2071250.jpg

↓我が家の3人目の子ども 笑
「ジジ」です。(娘が命名)

P2101386.jpg
シルヴィア・ナッテラ人形(普及版)

ちょっとお姉さんです。
(もともとは違う服で、この服はAmazon.deで買いました。日本でも売ってるけど^ ^;)

昨年からお人形を探していて(前の記事)、日本のものや布製のものなど検討しても
なかなか「これ!」というのがなかったのですが、
実物を見て唯一ときめいたのがジジでした。

本当はもう1人男の子(名前は「ジル」の予定)が来るはずなのですが、お取り寄せになり…
ただいま待っております。


ジジとジルは、私の両親(双子の祖父母)から双子へのお年玉として。

母もお人形が大好きで、ジジやジルのお顔やお洋服をとても気に入ってくれたので、
「高いけど…買っちゃおう!」と盛り上がって、有り難く頂戴したものですm(_ _)m

P2101388.jpg

↑憂いをおびた…とも言えるこの表情がなんともたまらなく…かわいいのです!
ドイツの会社のものですが、日本人にも馴染みやすい顔立ちですしね。


人形は無表情がいい、というのは定説なので、
(嬉しくても悲しくても、子どもが気持ちを反映しやすい)
その点もポイントが高かったですね…


キティちゃんも、口がなく無表情なのは同じ理由で、
身体が横なのに顔が正面を向いているのは、
“いつも君のことを見ているよ”というメッセージなのだそうです。

いつだったか、キティの生みの親の山口裕子さんがテレビでお話されていました。

hellokitty_c.jpg

↑そう考えると、キティちゃんも意識的につくられており、奥深くて…
世界的に受け入れられたのも納得してしまいます。


さて…話をお人形に戻して…

このジジ、とっても気に入っているのですが、対象はだいたい3歳くらいからなんですね。
このお人形自体も7歳くらいの子供をイメージしているそうで。

小公女のお人形、という意味ではぴったりの年頃・ぴったりのお人形なのですが、
1歳の双子にはまだ早いのでは…と思っていました。

赤ちゃん人形で、ミルクをあげたりおむつをかえたりが先なのでは…と。


なので一度母に「この子(ジジ)に決めたいのですが…」と写真を見せて相談した後、
「やっぱり赤ちゃん人形の方がいいかも…」と話したら、

母(スポンサー)がジジを気に入ってしまい、

『お人形は生理的なもの。双子が3歳の時に気に入ったものに
出会えるか、わからない。これをあげたい!』


との事だったので、我が家へお迎えすることになりました。

P2101390.jpg
↑息子も「ジジ~」と呼んでいい子いい子します

長くなってきたので続きます→
次は、もう一人のメンバー?とお人形の命名の由来など…

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ にほんブログ村 子育てブログ ミックスツインズ(男女の双子)へ

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。