静かな生活 ~ 東京で双子育児 ~

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

『星を賣る店 クラフト・エヴィング商會のおかしな展覧会』

世田谷文学館で行われている『星を賣る店 クラフト・エヴィング商會のおかしな展覧会』へ
双子を連れて行ってきました。

20140117_craftebbing_v.jpg

双子をつれて美術館にはちょいちょい行くのですが、(自分が見たいだけ…)
世田谷文学館ははじめてでした。

新聞か何かでこの展覧会の情報を見つけて、
おもしろそうだなぁ…
公共の施設ならキッズフレンドリーかも???
しかも、すいてそう…
と思い、足をのばして行ってみることにしました。

20140117_craftebbing5_v.jpg
実は、この展覧会を見るまで“クラフト・エヴィング商會”を知らなかったのですが…

ご夫婦のユニットで、小説を書いたり、↑上のようなアートをつくったり、
装幀(そうてい)デザインを手がけていたり…
かなりご活躍&人気の作家・アーティストだそうです。


展覧会の最後に、クラフト・エヴィング商會が装幀を手がけた本の数々が、
壁面いっぱいにズラリと並べてあったのですが、
内田樹や、一連の「ちくまプリマー新書」など…
持っている本も多くてびっくりしました。


展覧会の内容もかなり凝っていて…
“作品”ではなく“クラフト・エヴィング商會”という架空のセレクトショップが
作り出し、売っている“商品”なんだとか。
20140117_craftebbing4_v.jpg
自著の小説に出てくる摩訶不思議なアイテムだったり…
20140117_craftebbing2_v.jpg
↑これも小説に出てくる架空の国のパスポートだそうな…
小説を読んでから見るともっとおもしろそうです。
20140117_craftebbing3_v.jpg
現実と幻想が交錯して…化かされているような、物語の中に迷い込んだような…
それでいて心地よい…なんとも不思議な気分にさせてくれる空間でした。

創作意欲もビシビシ刺激され…
産後、眠っていた何かが呼び覚まされました 笑


小さい頃から舞台鑑賞や美術が大好きだったわけですが、
結婚後は生活に追われて、妊娠が発覚してからは安静&出産準備で、
産後はいうまでもなく…
この世界から遠ざかっていました。


舞台があく前にオーケストラボックスからチューニングの「ラ」が聞こえてくると
気持ちが高揚していくあの感じ。

美術館の薄暗い部屋の中で照らし出された古の絵画と、
この現代で対峙する、少しタイムスリップしたような非日常なあの感じ。

この展覧会を見て、これこれ!この感覚!
と思わず膝をたたいてしまいましたよ…

カサついていた細胞に、水がしみわたってゆく気がしました。
前にも書いたかもしれませんが、人を人たらしめているのは、
こういう“余裕”の部分なのではないかな…と再び実感した次第です。


さて、話は世田谷文学館に戻して…
到着後すぐに、お昼を館内の喫茶室で。

自分のお昼+双子の離乳食で約1時間かかってしまいましたが、
平日の午後でほとんどお客様もいなかったので、なんとか事なきを得ました^ ^;

DSC_1609.jpg

↑館内から眺められる日本庭園も、もう梅が咲き始めていてほっこり。
立派な錦鯉も悠々と泳いでいて、双子も釘づけでした^ ^

DSC_1610.jpg

↑絵本を読めるキッズコーナーもあり、ご近所だったらしょっちゅう来てしまいそうな感じ。


双子のご機嫌を伺いながらのビクビク観覧なので、ゆっくりとはできませんでしたが、
館内はバリアフリーゆえにベビーカーでも動線はサクサク。
大満足の展覧会となりました。


双子がうろついて、職員の1人にやんわり、危ないので…と注意されてしまったけど…orz

ちゃんと見ているし、全く騒いだりせず、全然迷惑かけているわけでもないんだけどなぁ…
と、ちょっと胸がチクリとする一幕もありましたが、

(ビクビクしながらのお出かけなので、過敏に反応してしまうんですよね^ ^;
たぶん他の方から見れば、双子が何かしでかさないかヒヤヒヤするんだと思います;)

まぁ、展覧会の内容が本当に楽しかったし、
双子もじっとしていないながらも、なんとか無事帰ってこられたのでヨシとします。


展覧会や舞台に行くと、必ずチラシをもらうので、
次々に興味のある展覧会や舞台に行きたくなってしまうのです。
よくできています…

また双子とチャレンジしてみよう…

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ にほんブログ村 子育てブログ ミックスツインズ(男女の双子)へ

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。