静かな生活 ~ 東京で双子育児 ~

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

谷川俊太郎さん講演会【2】

先日書いた記事の続きです。

いよいよ谷川俊太郎さんの登場。
聞き役はアナウンサーの草野満代さんでした。

tanikawaehon.jpg

谷川さんは、私も大好きな絵本の名作↑
「もこ もこもこ」「ことばあそびうた」を世に生み出し、さらに
「スイミー」など一連のレオ・レオニ作品の訳も手がけているとあって…

直接お話が聞けるなんて…行くしかない!

と、思い切って双子を預けて足を運んだ次第です。

topImage24.jpg
※写真は谷川俊太郎.comよりお借りしました

谷川俊太郎さんはとても力の抜けたチャーミングな方でした^ ^
中でもとても興味深かった話は、谷川さんの創作について。


「創作の源は、自分の中の子供。

“幼児性”は大人でも誰もが持っているもの。
樹の年輪と同じで、まわりに厚い皮があっても、中心には必ず自分の0歳がある。

(外では大人でも、家で夫・妻・彼・彼女に甘えたり、
子どもには赤ちゃん言葉で話したりするでしょう?)


もともと宇宙・世界は無意味。
それに意味を与えているのは人間。
そうしないと生きてはいけないから。

宇宙や世界のリアリティーにせまろうと思うと、とても無意味が重要。


「もこ もこもこ」という絵本は、出版当初、幼稚園の先生から
「こんな無意味な絵本、見たことない!」ととても不評だった。

それでも、子どもたちからじわじわと評判が広まり、
今では100万部を超えた。


作者が年輪の真ん中の0歳に戻れれば、教育的でない、無意味なものを作れる。

私は体が動き出すような無意味な言語が好き。
それをそのまま作品にすると、単なるナンセンスになってしまうので、
七五調や韻文など心地よく感じる、日本人なら身に染みているものにのせている。」



↑このお話に私は激しく共感し、聞きながら興奮してしまいました^ ^;

育児にあたり“無意味”の重要性について、日頃から常に意識していることです。
絵本やおもちゃは、子どもが楽しいのが一番!

大人が色気を出して、“ひらがなをおぼえさせよう”とか
“これを買ってやれば賢くなるんじゃないか”と考えて選ぶものが、
いかに子どもの遊びをつまらないものにし、空想や原始的な好奇心を阻害していることか…

谷川さんの絵本や詩は、声に出して読むと(声に出すことがポイント)
本当に心地いいし、おもしろいんですよね。


実際にいい絵本と言うのは、声に出して読むとわかります。

本屋さんで、黙読して「いいな」と思い買って帰って、家で読んでみると
“なんか読みにくい…”“こういう言葉に変えればもっといいのに…”とか
“ちょっと説明的過ぎるなぁ”と、印象が変わる絵本ってあるんですよね…


そして、さらにぐっときた谷川さんのお話。

「“読み聞かせ”という言葉はあまりいいとは思わない。
なんだか上からものを言っているような感じで。

絵本を読む時は対面ではなく、膝にのせて子どもと一緒の方向で、
一緒に楽しみながら読むのがいいと思う。



(谷川さんにとって“あそび”とは?という質問に対して)

あそびは、自分にとって“Play・遊戯”という意味ではなくて、
直接役に立たない余裕の部分。

歯車でも、ガチッと隙間なくくっつけてしまうのではなく、
すこし余分なスペースをもたせたりするでしょう。その“あそび”。」



(講演会の参加者は、図書館でお話会をしている職員等
大勢に読む立場の方が多かったので、その方々に向けて)

「詩を朗読する時は、意味を求めず、味を求めてほしい。
自分の経験や、自分の中にある風景などとつき合わせて読んでほしい。」

「絵本を読むことは、ジャズのセッションと同じ。
絵本に書いてある文そのままを読まなくてはいけない訳ではない。

たとえば「もこもこもこ」と書いてあっても、その時の気分や雰囲気で
「もこ もこもこもこもこ…!」と読んでもいい」




日頃、“質のいいおもちゃ・遊びとはなんだろう”と考えている中で、
自分なりの考え・結論があるのですが、今回の谷川さんの話と
共通する部分がいくつもあったうえ、

私は“幼児性”には自信があるので、(“大人性”には自信ないけど)
お墨付きをもらったような、頼もしく嬉しい気持ちになりました。


「いかに無意味が重要か」という話を、自分を含め、
大の大人・450人が大マジメに聞き入っている光景は、
なんだか滑稽で、ついつい笑ってしまいましたが^ ^


育児では使わない脳ミソを耕された気がしました。
育児ばかり、必要最低限の家事ばかり…ではなく、こういうインプットが大切ですね…

また育児ががんばれそうです^ ^

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ にほんブログ村 子育てブログ ミックスツインズ(男女の双子)へ

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。