静かな生活 ~ 東京で双子育児 ~

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

図書館通いで困ったこと…

14

8月末に図書館デビューした双子(2歳0ヶ月)。(→☆)
2週間おきに図書館にいくのが定着しつつあったのですが…
突発性で中断しています。


図書館で借りると、無料で色々な本が読める!!
本当にウキウキ、もっと早く利用すればよかった~!^ ^
と思っていたのですが、少し経ってみて、その弊害が出ています…

それは…

読みたい時に、絵本が手元にないこと!!!
同じ絵本をくり返し、読み込めないこと!!!


です…(- -)。


遊びながら息子が「ど ど どぉーーーーん!」と言っていました。
「ごぶごぶごぼごぼ」の一節です。
私が「さわさわ さわさわ」と呼応しましたら…
息子が絵本棚に「ごぶごぶ ごぼごぼ」を探しに行きました。
もちろん、返却後でナイ…

さらに、娘が「こっぷちゃん~」と言ってお茶を飲みたいと言ってきました。
私は「トクトクトク!」と絵本「コップちゃん」に出てきたようにお茶をそそぎ、
絵本のとおりに「かんぱーい!」。

するともう娘は、「あたらしい絵本よむ!あたらしい絵本よむ!」と「コップちゃん」モードに…
図書館の本を保管しているピアノの上を指して、
読んでとせがまれるも…返却後…orz

読みたい時に、くり返したい時に、無い…
私はこれが、とてもフラストレーションです!!!T T



さらに、私は配本サービスで月2冊絵本を購入していますので、(→☆)
1ヶ月かけて新しい絵本2冊を何度も何度も読み、じっくり読み込みます。
(もちろん毎日この2冊を読むわけではなく、新旧おりまぜながら)

しかし…図書館だと、いくら気に入った絵本だとしても、
その本の文章をモノにする前に返却しなければならない…

仲良くなる前に、サヨナラ。
この絵本の世界で自然に呼吸できるようになる前に、サヨナラ。
これもフラストレーションです!!!T T



子どもにとって、同じことの反復がどれだけ大切で、どれだけ楽しいことなのか…
それを思うと、ほしい時に絵本が手元に無いということが、
子どもが伸びようとしている絶好のチャンスをみすみす逃しているようで、苦痛です…orz


実はですね、私の利用している配本サービス「童話館ぶっくくらぶ」ですが、
以前の記事に「本当にハズレがない」と書きました。
しかし、届いた絵本を一度読んでみて…

「えっ?!これが本当にいい絵本なの???」

と当初、疑問に思うことは、結構あったりします。


ロングセラーの「おんなじ おんなじ」(多田ひろし作・こぐま社)もそうでした。
私は最初、この絵本がどうも“いい絵本”に思えなかったんです。

ぶたの“ぶう”とうさぎの“ぴょん”が、ぼうしも服も、おもちゃも…
もってるものが次々におんなじ~!というお話。

私は単純に「なんでこんなにおんなじなの…なんか気持ち悪いほどにおんなじ…(- -)」と
半ば不快…くらいに思ってしまったのですが、本当にバカでした。

この絵本を1ヶ月かけて何度も何度も読み込んでいくと、その言葉の調子やオリジナリティあふれる絵や色使い、
おんなじすぎる、だけど本当はちがう、2人のキャラクター、
そして何より子どもをひきつける「おんなじ!」を発見するよろこび!
時代が移ろっても色褪せない魅力に、どんどん吸い込まれるようになりました。

“没個性”とか、そんな単純なトコロにこの絵本の重点があるのではないのです。

私はいつしか、この絵本がすっかり気に入り、今では暗誦できるまでになりました。


恐らく、私がこの絵本を図書館で借りていたとしたら…

「な~んだ、評判ではいいって聞いていたけど、私の好みではなかったみたい」

で終わっていたと思います。


配本サービスはもちろん有料です。
しかも中古ではなく新品の本ですから、定価です。
月に2,000~2,600円くらいかかります。

なので、ムダにはしたくない!という主婦の心理作用がはたらいて、
ちょっと気に入らないものでも一生懸命読む!笑

すると、意識しなくても、それまでは気づかなかった世界・絵本の向こう側が見えてくるのです。
大人にとってもそうなのですが、何より、読めば読むほどに、
子どもの笑いも増え、遊びも増え、語彙も増え、子どもが自分の血肉にしていくのがわかる。


そんな経験が、毎月の慣わしになっているものですから、
2週間でたくさんの本を借りてしまうと、1冊あたりの読み込み密度がさがってしまうし、
借りたものを気に入ってしまうと…

手元に欲しくなってしまうのです!!!T T





PA041820.jpg

↑で、買っちゃいました~…(-v-)
『わにさん どきっ さいしゃさん どきっ』(中古)

私も双子も大のお気に入り。
これも返却後に、双子が「どきっ!」と言い合って大爆笑。
私も寝る前にぼんやり覚えている部分だけをお話してみたのですが、
やはり正確には思い出せず…

これは絶対に暗証するまでにしたい!!!と強く思ったので、購入に踏み切りました。

余談ですが、たしか童話館でも
「月に2冊がいちばんちょうどいい」と言っていたなぁ…
読み込むことを考えると…今、納得。



私はお買い物が大好きですけれど、服や持ち物を買う時、
なんとなく罪悪感を感じることが多いです。
おそらく、以前は必要以上に買っていた、ということもあるのでしょう。

でも、(いい)本を買う時はいっさい感じない。

なんでだろう…と考えていたのですが、思うに、私の中での価値観として、


『家が火事になって、すべて燃えてしまっても、
子どもや自分の身ひとつ、生き残っていれば残るものには、積極的に投資すべし』


という思想なのだということがわかりました。

遊びだったり、家族旅行だったり、新鮮な旬の食材だったり。
キャンプだったり、子どもがこれをやりたい!という時の教育費だったり…
要は経験や、直接身体をつくるもの。

絵本も自分にとっては、モノではなく文学的“体験”なのだなぁ…
と、このフラストレーションをとおして、ぼんやりと考えておりました。


しかし…

いくら罪悪感がないと言ったって…

やっぱりある種の弊害だよ!弊害ーーー…T T

図書館に行けば行くほど、読みたいものが増えていき、
手元に置きたい絵本が山のように積まれていくよーーーT T
お金も場所もナイよ~~~; ;
あ゛ぁ゛~~~~~!!!

今後も図書館通いをつづけるのか、借りる数を減らすのか、
はたまた図書館は置いておいて、当面2冊だけにとっくり差し向かうのか…
おおいに悩む、読書の秋…


【おまけ】

PA031749.jpg

↑とある日、IKEAでの娘。
…ん??

PA031750.jpg

↑お尻になにか、くっついている…
と思ったら…

PA031751.jpg

↑椅子にはってあったテプラでした~^ ^;


------------------------
ご訪問ありがとうございます!
↓どちらか1つ、応援クリックいただけますと嬉しいです^ ^

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ

SHARE

-14 Comments

あゆみ says..."お久しぶりです"
わにさん、購入に至りましたか~
2才児が繰り返して読んでる姿、
可愛いですよね♪
あ、うちも9月に2才になりました。
既製品のキッチンを購入。
お姉ちゃんも含め、楽しんでくれてます。

図書館ではお気に入りの本を見つける。
気に入ったのがあれば、買うという風に
すればいいと義母から言われて、そうして
みたりしてますよ~
定期的に絵本が届くのもいいですよね。
今からでも遅くないかしら?!
2014.10.05 14:11 | URL | #ISBwA1sM [edit]
ミイ says...""
分かります〜その悩み。
ブッククラブはイイと思いますよ。私も色々なところで手に入れた各出版社やメーカーの配本リスト参考にしてます。
無理して図書館で本を借りる必要ないと思います。しずかな生活さんがフラストレーションを感じるのが一番良くない!と(T_T)
まついのりこさんのじょうずじょうずが息子にはキターという感じです。多分じょうずじょうずと褒められるイメージと自分で手をあらったり、踊れる様になったタイミングがぴったりあった様で…。絵と同じ仕草をします。購入しようか悩み中。
ただ資金に限りがあるので図書館本は必須。息子の成長にとってしその本が旬なのか…私はまだ素人で良く旬をはずします(^_^;) なので、息子の反応をある程度みて、今が旬かなと私が感じた本は期間内読みまくり。あと基本は息子が読んでと持ってきたもの、仕草をマネするもの、一人で読んでいるものを買います。親が読んで欲しいと雑念が入ったものは確実に旬じゃないんですよね、経験上(T_T)
絵本棚から絵本が溢れたので、今日整理しました。旬じゃなさそうなものや、旬を過ぎたであろう物を一旦引き上げました。季節感があるもの、サンタクロース物などは、季節に合わせて出す予定です。季節感の無い物は定期的に入れ替えたり、久し振りに出したりして反応を見る予定です。
2014.10.05 21:29 | URL | #- [edit]
sao says..."No title"
一般的に「絵本はよい」と言われていますが、わたしも夫も元々本好きなため、自然と子育てのなかに絵本はありました。子ども達も絵本が大好きで、図書館通いもしています。
読む絵本によって子ども達が様々な反応をしてくれることや、絵本を読む時間・読み終わった時間を愉しむことを含め、絵本ってやっぱりいいな~と思うことはあっても、『絵本の向こう側』なんて考えたこともありませんでした。
絵本というとどうしても子ども達の反応に目がいきがちで、「対 自分」の視点は全く持っていなかったというか(うまく文章で説明できないのがもどかしい)、『読み込む・絵本の世界で自然に呼吸する』なんて発想がありませんでした。もしかすると、わたしは絵本を読む行為自体で満足していたんじゃないかな?と。
静かな生活さんのこの記事、絵本作りに携わっている方々が知ったらみなさんきっと喜んでくれるだろうな~^^
絵本のことだけではなく、子どもたちの遊びのことについては、静かな生活さんには学ぶところが本当に多く、長女の出産前に出会いたかった!!というのが本音です。
息子くん・娘ちゃんの子育てが落ち着いたら、子ども達の遊びを追及するような分野でのお仕事もお似合いでは…と勝手に思っております(*^_^*)
今日もとっても勉強になりました♪ありがとうございます。

2014.10.05 21:53 | URL | #vF6NeGQU [edit]
ogi says...""
『わにさんドキっ』私も買っちゃいました〜(中古)笑!!

図書館通い、、、双子連れて行くだけで大変な労力でしょうに…´д` ;借り出すと返却もセットだから通うようになりますよね…でも気分転換にもなるのかもですね。
私は家から図書館のアクセスが悪くなかなか利用できないので、今は月一の『こどものとも』の定期購読と、私の好みで買ってます(中古も多いに活用してます)

でも静かな生活さんほど、ちゃんと読んであげてないな〜と反省です。最近は、読んで〜というと自分達でわかる部分を読んでくれるから聞く側に回る手抜き母です…。。。

そんな我が家、夫の実家から頂いた30余年物の絵本が結構あります。ぐりとぐらが、月刊予約絵本だった薄いタイプのものとか…(年季が入っていて脆いので、私の監視下でないと双子には触らせてません。笑)
そんな古い本を見ていると、本って財産だな〜と感じるようになりました。偶然私が眺めていたら、夫が『あっ懐かしい』って言い出して、やっぱり読んでもらった記憶はちゃんとあるんですよね。

答えにはならないけど、身体の中にしっかり蓄積されていく文学的な体験、同感です。だから気に入ったものは購入して転勤があっても手放さないぞ!と今の所は考えてます。笑

最近、娘が『おやゆびひめ』にハマっているんですが、ある日突然読んでる最中に泣き出したんです。
自分の大好きな(モグラ)が、お話の中ではおやゆびひめを悲しませる悪い役というのを理解したようでワンワン泣かれてビックリしました。それ以来我が家では、おやゆびひめとモグラがお友達になる創作話になってしまいました。でもそれぐらい子供って絵本の中に入り込んでいるんだなと実感した出来事でした。

追伸
和久さんの講演会レポ、私も楽しみにしてました〜ありがとうございました!!わくわくアトリエに行ってみたいなと思いつつ、(2歳からプレスクールもやっていて)費用×2倍とか考えるとなかなか手が出せずにいますが、あのフクロウの絵を見ると考えてしまいますね…。。。
その前に家で絵の具かぁ…手形アートすらやってみたくても、2人を制御する自信がないので、絵の具を出すと同時に悲鳴をあげそうです。笑
2014.10.05 23:23 | URL | #h0HnAKZQ [edit]
hana*゜ says..."No title"
なるほど・なるほど~!!!!!
うちのふたりはまだ小さいし、そこまでの経験していないけれど、
すっごく納得しながら今日も読ませていただきました(^^)
そこまで、「本とお友だち」にさせてあげる静かな生活さん、
やっぱりスゴイ☆

たっっっくさん、声に出して読むことって、大切ですよね。
そして、よい本ほど、声に出しやすいものみたいです。
だから、音読が学校でも大切にされるのですよね。
声に出すことで、「よい文章」を自然と覚え、書けるようにもなると。
よい文にたくさん出逢わせてあげたいですよね。
かと言って、親の好みは押しつけたくはないけれど・・・

そういえば、私の母は、本は全て購入してくれていたように思い出しました。
すぐ手に取れるように、とも言っていたなぁと。
こういうことだったのだなぁと、今しっかりと分かりました。
小さな頃に好きだった本は、いまだに覚えています。

もちろん、図書館にもお世話になりましたが、絵本を借りた記憶は
あまりありません。
小学生の中学年くらいから、少し長めのお話は借りるようになったかな。

今思えば、随分と贅沢をさせてもらっていたのかも。
実家帰って、今度探してこようと思いました。

でも、せっかくある図書館。
うえの方もおっしゃっているけれど、
やはり購入前のお気に入りを見つける場所と考えるのがよいのですかね。
経験もない私が、偉そうにすみません(><)

ほんと、身体を作る経験には、できるだけ惜しみたくないですね。

今日も、ありがとうございました☆
静かな生活さんの後を付いて育児できるありがたさを感じています。

そうそう、カプラは私の弟がプレゼントしてくれる約束なのです。
主人は、「カプラ」が言えずに、「プラカだっけ?ん??プカラだっけ???」とのたまっていました。
(「主人のいいまつがい」これが言いたくて(笑))
今は、主人を教育中です。
今日も、積み木について熱く語りました。
引かない程度に(^^;)

あ、あと、絵の具は外でビニールシート広げてやっても楽しいのかなぁと思いました。
これも、相当元気な時じゃないとできないかもしれないけれど。。。
2014.10.06 00:31 | URL | #5geqIAco [edit]
しぃ says...""
わかります!
うちでも、1ヶ月以上前に返却した本を催促されることあります…。
あまりにも双子お気に入りの本があったので、図書室にもう一度借りようと金曜日にいったんですが無かったです。(借りようとしたのは『すっぽんぽんのすけ』です。毎日着替えの度に「すっぽんぽんのすけ〜」って言いながら部屋中を走り回り着替えをしてくれません。笑
へっこきよめさんだったり、最近ちょっと下品?な内容がお好みの双子(^_^;))

絵本好きのうちの双子にとって図書室で本が沢山借りられるのはとても有難いし助かるのですが、図書室で本を借りると家にある本をあまり読まなくなりました。家に以前からある本を読もうとすると、図書室で借りた本を読んでほしい!と言われ最近家の本の出番が少ないです。(T_T)
いろんな種類の本を浴びる程読むのがいいのか?同じ物を読み続けるのがいいのか?丁度迷っているところでした。(現在は一週間で6冊程度図書室で借りています)
静かな生活さんと私の考え方は違うところも沢山有るけれど、いつも静かな生活さんの考え方は大変参考になります。
ほー!へー!と唸らずにはいられません。
2014.10.06 00:42 | URL | #- [edit]
静かな生活 says..."あゆみさんへ"
その節は、ありがとうございました 笑
こんな楽しい本を教えて頂いて。
完全にツボりましたね、私の(-v-)

おぉ~!!キッチン購入!
三姉妹で遊べるから本当にいいですね~!(元が取れるし 笑)

そうなのそうなの!図書館は私もそのつもりで、
子どもがくり返し読むものは買おう…と思っていたんですよ。
でもね…教えてもらった絵本が、どれも楽しいものばかりで、
ほとんどが気に入るんです…orz 双子の読む読むコールも激しく…
嬉しい悲鳴~~~!!!(全部は買えない…)

子どもの絵本&おもちゃ専門店・百町森の柿田さんのように、
絵本&本は高校生まで親が読んであげましょう!という方もいるくらいなので(!)
配本はこれからでも充分いいと思うけどな~^ ^
我が家も小学生になっても、絵本は続けたいと思っています^ ^
2014.10.06 07:11 | URL | #- [edit]
静かな生活 says..."ミイさんへ"
ミイさんもわかっていただけますか~!!(> <)
できれば気に入った本を全部買ってやれたらいいんですけどね~!(> <)

そうですね、その時の子どもにフィットする絵本、
手持ちのものなら「待つ」ことも、「リバイバル」することもできますが、
図書館だとピンポイントの出会いになってしまいますからね…
なかなか難しいところですよねぇ…(- -)

絵本の入れ替えいいですね~!すてきな考え^ ^
我が家もおもちゃでやったりしています。

絵本棚が、上段は表紙が見えるようにしまうようになっていて、
下段は普通の本棚なので、子どもが今好きなものや、子どもに読んで欲しいものを
上段に見えるようにしまっていますが…
余裕のあった下段もいっぱいになってきたー!T T
まだ1歳11ヶ月なんですけどーーー…T T
2014.10.06 07:18 | URL | #- [edit]
静かな生活 says..."saoさんへ"
前にもsaoさんのブログのコメ返で書いていただいたのですが…
「もっと早くに出会いたかった」って、私は…涙ぐんでしまったのですよ。

私は、頑固親父的な独断と偏見に満ち満ち、直感に頼った育児を展開しているわけですので…
1人よがりに勝手にがんばっているわけです。
でも、そんながんばりを認めてくださる方がいるんだなぁ…と胸が熱くなりました。
いつもいつもそんな風に言っていただいて、毎回こちらが救われます。
こちらこそ、本当にありがとうございます…; ;

saoさんは前に絵本のこと書いていた時に、夫婦でいいな!と思う
保育園に通っていてすすめられた絵本…って読んだ記憶があるのですが、
きっとすばらしい保育園だったんだろうな~…
そういう園に通っていた子どもたちは幸せだろうな~…と思っていたんです。

図書館で定期的に借りて、自分では買えないほどの色々な種類の本を読む…
私はとても大事なことだと思うのです。
1つ1つを深く深く追求して「質」を求めることも時には大事ですが、一方で
量は質に変わりますから、量をこなすこともすごく必要なことだと思うんです。

私は今、その「質」と「量」のバランスに苦心しているところです^ ^;
絵本を読み込む…って、ちょっと私の楽しみ方がディープすぎるのかな…と
今、saoさんのコメントを読んで思いました^ ^;ま、オタクです 笑

『絵本の向こう側』…私も子どもが生まれて初めてのぞけた気がしますよ…(-v-)
主婦の「元取れ精神」の勝利~~~!v^ ^v笑
2014.10.06 08:05 | URL | #- [edit]
静かな生活 says..."ogiさんへ"
わー!ogiさんも買っちゃったんですね~!うちも中古中古~ 笑
あれ、本当におもしろい絵本ですよね^ ^
完全に私、ツボりました!!

ogiさん家は「こどものとも」なのですね!
私も自身が保育園に通っていた時代にとってもらってました。懐かしい~!^ ^
我が家もあのペーパーバック絵本、結構たくさんとってあり、もちろん現役です!!!^ ^v
旦那様のアーカイブ!!ぐりぐらのオリジナル!!それはプレミアついちゃうのでは?!◎ ◎!

娘ちゃん、すごい!!!!
かなり情緒も理解力も、絵本のめりこみ度も、発達してますねーー!!!◎ ◎!!

我が家なんて、まだ…「もこもこもこ…にょき!!」「ギャハハハハー!」ですよ…^ ^;
擬音で爆笑…赤ちゃんと同レベル 笑

私も双子に習い事はまだまださせるつもりなかったのですが、
あんな絵が描けるなら…って思ってしまいますよね~^ ^
家で絵の具、出したとたんにギャー!!!想像に難くないですね…(-v-;)
2014.10.06 08:30 | URL | #- [edit]
ミイ says...""
何にもないぶろぐと言う、究極のがらーんとした家が好き!捨て魔な女性が書いていたブログがあるのですが、バイト先の本屋できつきつの本棚はきちんと本が戻せないので荒れると先輩から言われているのを思い出して。観察したら息子上の段にキチンと本を戻せて無いし、私に取ってと呼びに来ることも増えてきてしまいました。反省!息子が扱える量を置く事に。図書館は読み聞かせ会で児童書担当者の方にトイレトレーニングの本ありますか?電車の本でオススメはありますかと色々質問します。百町森のブッククラブで紹介されていたトイレトレーニング本を勧められました!こういう人間関係も作れたのがラッキーです♡
あ、百町森のおままごとセット届きました♡
丁度良い大きさ、手に吸い付く様な肌触り最高です!
良いもの紹介していただきありがとうございます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
息子にも、人形をと私の趣味の人形ブライスを与えたら、うわぁ←怖い時の言葉 (-。-; やっぱり手持ちで済まそうとしましたがダメでした。ブライスは子供用に作って怖くて売れなくて一時期販売中止だったときもあるから〜当たり前か(T_T)
2014.10.06 09:11 | URL | #- [edit]
静かな生活 says..."hana*゜さんへ"
うわ~!すばらしいお母様!!!(>v<)
そうやって本は揃えていつでも手に取れる状態にしておいてくださったのですね…
理想です!!まさに理想!

私もね、図書館でくり返し借りるものは買おう…と思って、通い始めたのですが…
どれもこれも、いいんだもん!!!; ;
全部ほしくなってしまうのが悩みなのですよ~T T
(お金も場所もナイしー…ブツブツ…)
本当に、hana*゜さんのお母様のようにできたらどれだけいいか…と、うっとり夢を描いちゃいます^ ^

hana*゜さんが持ち前の好奇心を発揮し、色々なことに一生懸命に取り組んでいらっしゃるのは、
そんなお母様がお育てになった賜物なのかな…と思いました^ ^

そうそう、音読って脳にすごくいいらしいですよね^ ^
明治期まで、日本人は「文字を読む=音読」で、学校でもすべて音読だったのに、
新聞などのメディアが登場し、黙読の文化が広まったと同時に、
日本人はバカになっていった、という人もいるくらいですからね…(-v-)

私はおもちゃも絵本も、私の考えを押し付けまくりですよ^ ^;
今のところはその世界を楽しんでくれていますが、
ゆくゆくはそのあたりの自己主張もでてくるのでしょうね~^ ^
でも、子どもに媚びずに、対決しつつ、たまに譲歩しつつ、いいものは押し付け続けていきます!笑

旦那様のいいまつがい!!!大笑
プラカ~~~!!!どれもこれも惜しい!笑
hana*゜さん…洗脳、大変ですね…(-v-) ぜひぜひがんばってください(^m^)
友人は先日の和久さんの講演会に旦那様と一緒に来ていて、洗脳完了したみたいです 笑

そうそう、絵の具は外で…も考えたのですけれどね…
「枠」がない場所の方が、相ー当ーキケン!!!だと思って躊躇してます^ ^;
赤やらピンク、黄色の庭木になってしまいそうで…^ ^;
2014.10.07 00:47 | URL | #- [edit]
静かな生活 says..."しぃさんへ"
1週間で6冊~!!すごいよすごいよーー!!◎ ◎!!
あやゆいちゃん、絵本好きなんですもんね~^ ^

あやゆいちゃん、図書館で借りてると、おうちの本を読まなくなるんですね???
リバイバルもなく???新しいのがやっぱり興味をひくのかな~?
同じ本をくり返し読むと、言語能力が発達するらしいですが、
あやゆいちゃん、すでに発達し過ぎですからね^ ^;
もしかしたら、そういう背景もあって物足りないのかなぁ…???

おのペーパーの時も思ったのですが、「ばっくれる」って人間のすごい能力だと思うんです。
なかなか1歳児でできないですよ…すごい内面が発達しているんだな、と。頭がいい。

そうそう!私もソコが悩みどころなのですよ…「量」と「質」のバランスが。
「量」は「質」に変わりますからね…浴びるように読む!とても大切なことだと思うんです。
私もそのつもりで図書館通いを始め、その中からじっくり読み込むものが出てきたら買えばいい…
と思っていたのです。
しかしーーー!読んでいたら、楽しすぎて、もっともっと読み込みたくなってしまうんです、全部!!!
お金も場所も時間も足りなーーーい!!!(> <)


因みに…谷川俊太郎さんが講演会で、
「小学校なんかで講演する時には、まず『おならうた』を朗読する。これでつかみはOK。」
と仰ってました 笑 あやゆいちゃんに限らず、シモい話題は万国共通の最大の関心事♪(-v-)

ところでー!!!先日のコメ返…
しぃさんママ…!!!!!ビックリーーーー!!!◎ ◎!!そして思わず大爆笑w
このブログ、読んでくださっているのですねーー!!!T T
私、モーレツに感激ー!!!しぃさんには本が来ちゃって、ご迷惑だったら本当にごめんなさいm(_ _)m
いやぁ…そんな大先輩に読んでいただいているなんて…本当に嬉しかったです。
しかも私もしぃさんママのファンだし。
正確に言うと、しぃさんママチョイスのお洋服と、それにつっこむしぃさんのクダリのファン(^m^)
しぃさんママに…くれぐれも宜しくお伝えくださいませm(^ ^)m
2014.10.07 01:07 | URL | #- [edit]
静かな生活 says..."ミイさんへ"
なんにもないぶろぐ…中崎タツヤさん・女性版のような方ですかね???
私も整理収納アドバイザーという資格を持っているのですが、
なにもない…本当にこれは究極ですね…(-v-;)

児童書担当の方と懇意になれるのはいいですね!!しかもミイさんが信用のおける方なら、なおさら!^ ^
私も今度聞いてみようかな~^ ^

百町森のままごとセット、届いたのですね~^ ^
これで心置きなく息子君もぶん投げ、お友達もぶん投げられますね 笑
あ、でも急須の口はすぐ取れます~(> <)
修理してもすぐまた…なので、もうボンドが固まったのがとれなくて、なかなか修理できない…orz
今度、おもちゃの病院にもって行きます!

ミイさん、ブライス好きなのですね~!意外!イメージとちょっと違って…おもしろいです。ふふふ(*^m^*)
2014.10.07 01:24 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。