静かな生活 ~ 東京で双子育児 ~

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

『山口小夜子 未来を着る人』展を観てきました

4

*** 双子2歳8ヶ月 ***

東京都現代美術館で、2015年6/28(日)まで行われている
『山口小夜子 未来を着る人』展に行ってきました。

sayoko.jpg

先に見に行っていた義理の母から、

『すごくよかった!今まで日本で見た展覧会の中で、滞在時間最長だった。
○○ちゃん(私)も好きだと思う。双子はみててあげるから、行ってきて!』

と、ありがた~いお申し出があり…
お言葉に甘えて行って参りました(-v-)


山口小夜子さんといえば…

世界的なトップモデル。
モード界で活躍する日本人モデルの先駆け的存在…という認識でした。

数年前に、57歳で亡くなった時はニュースで知りました。


パリコレなどで活躍している時期は、リアルタイムでは知りませんが、
(というか、生まれてない)
小5~6の頃から『装苑』という服飾系のファッション誌を読んでいたこともあり、その存在は知っていました。


しかし…

今回の展示をみて、ビックリ。

この方、モデルのみならず、女優・舞台衣装デザインなどなど…かなり幅広く活躍された模様。
もともとは絵を描くのが得意で、服飾の専門学校生だったところからのモデルデビューだったそうです。


モデルとしての表現のみならず、それぞれのお仕事のクオリティが…すごい!!

広告写真はどれもこれも、魅入ってしまうものばかりなのですが、

ただただ服を着せられて、メイクされて、ポーズしてる…というだけでなく、
「このカメラマンは“余韻”を撮ろうとしている…
その瞬間にシャッターが押されているのがわかる…」
と感じる、モデル対カメラマンの緊迫した一騎打ちの描写なども紹介されており、印象的でした。

ご自信も生粋の表現者・稀代のクリエイターだったのですね…


自分の意見をもったモデルさんやタレントさんはたくさんいると思うけど、
哲学や思想を持って、それをありとあらゆる表現方法で発信していくモデルって、今はいないんじゃないかな???

山口小夜子は『SAYOKO』という一ジャンルをつくった…

というようなことが解説にあったけれど、なるほど納得の、珠玉のクリエーションの数々でした。


IMGP6772.jpg

↑1970年代に、ヨーロッパでSAYOKOブームの大旋風が起こり、マネキンの会社が『SAYOKO』というマネキンを制作し、ヨーロッパの都市にはこのマネキンがずらりと並んだのだとか。

IMGP6774.jpg

山口小夜子さんの写真や映像から発される、妖艶な雰囲気そのまま…
怖いのについついずっと見入ってしまう…
なんとも不思議な魅力にあふれたマネキン。。。

IMGP6775.jpg

↑舞台衣装も多く手がけられたそう

IMGP6776.jpg

↑空き缶をスクラップしてつくったネックレス



今回、観てみて印象的だったのは、山口小夜子さんのその変幻自在ぶり。

若い頃の写真は、あどけなかったり、色っぽかったり、妖しかったり…

圧倒的な存在感や個性がありながらも、結局のところ実体がよくわからないつかみどころの無さ。
いつも変わらない芯がありながらも、いかようにも変われる柔軟性。
メイクのせいもあるかと思いますが、これだけ写真や映像見たのに、結局山口小夜子さんって、どういう顔の方なのか…
全然わからないし^ ^;謎は深まるばかりで…そうやってどんどんこの人の魅力にひきこまれていってしまうのだろうな。

貴乃花の横綱相撲や、全盛期のフェデラーのテニスみたいなものかしら。
実力があるから、どーん!と相手を受け止めながらも、他の人には到底マネできない、オリジナリティあふれる独自のプレイができてしまうという…


あと思ったのは、もう何十年も前の写真だったりするのに、全然古さを感じないんです…
当時からカメラの技術も向上しているでしょうのにね。

完成形や真理に近いものって、古びないのですよね…



とても良かったです。

アートや舞台やコンサートなど…文化的なものに触れるといつも思うのですが、目の前の家事や育児に忙殺される毎日で、
カッピカピに乾ききった細胞に、水がぶわ~~~っと浸透して行き渡る感覚が今回もありました^ ^;


忙しいと目の前のことだけに精一杯になっちゃうけれど、たまにはこう異次元空間にワープしないとダメね…(-v-)
小さく凝り固まっちゃう。


【おまけ】

双子は…

IMGP6748.jpg

↑船を見たり…

IMGP6752.jpg

↑川で魚を見たり…

IMGP6759.jpg

↑噴水のしぶきに興じたりしていました…(-v-)

IMGP6754.jpg

↑萩の花が咲き始めていました^ ^

展覧会の後は、義理の実家にお邪魔。

IMGP6786.jpg

↑息子がレゴで、レゴの機能(ブロックをつなげる)を完全に無視した作品を作っていました。
船の中にコーンとタイヤを積んだだけ~…^ ^;

------------------------
ご訪問ありがとうございます!
↓どちらか1つ、応援クリックいただけますと嬉しいです^ ^

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ


SHARE

-4 Comments

はるもぐら says..."No title"
おはようございます
美術館いいですねぇ~私は芸術にはさほど興味もなく、センスもないのですが、唯一絵本美術館が大好きで大好きで♪よく一人で高速乗って運転して、長野や山梨に行っていました(*^_^*)

美術館のあの静かな雰囲気とか、一旦離れることのできる空間すきなんです!!

細胞にぶわぁーっとってわかりますヽ(^。^)ノ

そしてうちの息子もレゴの機能はまるっきり無視ですが、昨日「つなげられたよ」って喜んでおりました♪
2015.06.26 09:22 | URL | #- [edit]
ポコ says..."No title"
こんばんは(*^_^*)
日常からかけ離れた世界に浸ってみるのいいですね~!こういう瞬間があるからこそ日常に戻ったときにハリがでますよね!
私も細胞の隅々に水を行き渡らせたくなりました(*^_^*)

それにしても小学生の頃から「荘苑」を読んでいただなんて、イヤースゴイ!驚きです^m^周りにそういう子がいた記憶がない(笑)
私はその頃、漫画雑誌の「りぼん」やらを毎月発売日に楽しみに読んでた気がします(^_^.)


2015.06.26 21:10 | URL | #- [edit]
静かな生活 says..."はるもぐらさんへ"
はるもぐらさん、こんにちは^ ^
そうそう!はるもぐらさん、絵本美術館お好きでしたよね~^ ^

そして、子どもがいないのに1人で行っちゃうなんて、やはり天職!お好きなのですね^m^

やっぱり普段とは違う部分の脳を使ったり、感情がこみ上げてきたりすると、活性化しますよね!!
目の前のことを馬車馬のようにこなしていたのが、将来のことを楽しく考えるようになったりとか…

おぉ!息子君もレゴ、あまりつなげてなかったのですね?!
大人が当たり前と思っていることも、子ども自身が発見して、うれしそうに報告してくれる…
そんな瞬間がこっちも嬉しいですよね^m^
2015.06.27 00:04 | URL | #- [edit]
静かな生活 says..."ポコさんへ"
おぉ~う!ポコさん!!大丈夫ですか?!
双子ちゃんの様子もなかなか目にできないので、寂しい日々ですが、ポコさんがゆっくりできているといいな~…と思いつつ、過ごしておりましたよ。(まぁ、ゆっくりはできないか^ ^;)

服飾の世界が好きだったんですよね…^ ^;中学くらいから自分の服を作り始めて、「装苑賞」のページがいちばん好きでした。
大学行くか、服飾の学校行くか考えた時期もあって、結局大学にしたんですけど、進学祝にミシンを買ってもらいました^m^
その後、興味は馬術に持っていかれ、今ではすっかり何も作ってないんですけどね…(-v-)。。。

でも実は、ポコさんの大人服からのリメイクが好きで、私もやってみたくて秘かに自分の着なくなった服を溜め込んでみてます 笑
すご~くかわいい服だけど、今、この年齢で着るとあまりにイタイ…という服がたくさんあるのですよ…(-v-)。。。

ポコさんは「りぼん」派だったのですね~!!
「りぼん」は私の中で宿敵でした 笑
私の愛読漫画雑誌は小学館の「ぴょんぴょん」…ご存知ないですよね…(-v-;)
私が心からこよなく愛する雑誌って、小学生の時からどんどん廃刊になるんです 笑

ポコさん、今年は1人旅行かれないのですか~?!^ ^
療養を兼ねて、最高のワープになると思うのですが…^m^
2015.06.27 00:19 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。