静かな生活 ~ 東京で双子育児 ~

MENU

幼稚園、入園!双子のようす

12

*** 双子 3歳7ヶ月 ***
*** 妊娠5ヶ月 ***


去る4月、いよいよ双子が幼稚園に入園しました。

昨日生まれたような気がしていたのですが…
双子が幼稚園に行くのなんて、まだまだ先のことだと思っていたのに…
早いものです。

1462450358267.jpg
園の砂場の藤棚がすばらしくて…癒された~…


さて、先日の記事から書いておりますように、2月末から私のつわりが重くなり…
実は入園どころじゃありませんでした^ ^;

ギリギリまで自分の体調をみて、本当にダメそうなら
5月から通い始めることにしよう…と1人心に決めておりました。
(遠いので無理したら続かないと思った)

それでも、入園式は双子のハレの日。
はじめて社会へ出ていく記念の日。

入園式だけは行けたらいいな…
なんとか体調、少しでもよくなってくれ~~~!!
と一縷の望みを抱きながら祈っておりました。


入園したら、双子と平日に遊んだりお出かけしたりはできなくなるので、
入園までにあれしたい!これしたい!あそこ行こう!と色々計画していたのですが、
高尾山(→☆)でタイムアウト…

なにひとつできず、双子と遊ぶどころか、
まともな日常生活もままならないカオスな、わけわからない状況のまま、
どさくさに紛れて入園式当日を迎えた…という感じです(-v-)


幸い、入園式の日に夫が休みをとれたので、1人じゃないならなんとかなるかも…
と勇気もわき、無事家族4人で入園式に出席することができました^ ^

私は当日まで双子に言わないつもりだったのですが、
実母や義理の家族から「入園式だね~」と言われ、双子にはバレてました^ ^;

「ニューエンシキ」
という聞いたことない単語とまわりのテンションに、娘はフリーズ。
「ようちえんにいくらしいけど…なんなのニューエンシキって…やだ!こわい!いきたくない!」…とばかりに、行きの車でも娘はナーバスになっておりました…^ ^;


入園式自体はほんの15分くらい。
園長先生のご挨拶と先生の紹介、年中・年長さんからの歌のプレゼント…
という感じでした。

でも、この間も娘は私にベッタリ。
一応子どもの椅子には座っていたのですが、椅子ごと私が後ろから抱きかかえているような状態でした^ ^;
これは各教室にうつった後もおんなじで、常にベッタリでした。


息子は、緊張したおももちながらも、教室でも1人で座ることができて、
ホールに移動する時も1人で先生についていってました。

で、年中・年長組の歌のプレゼントの時に、
歌う子たちにつられて、息子も一緒に立ってた 笑

IMGP2871.jpg

入園式は本当に一瞬で、その後は各クラスにわかれてのお話でした。
この幼稚園では、双子は自動的に別のクラスにわかれるので、
息子=A組、娘=B組、という感じで、教室も別々。。。

夫と交代しながら、両方の教室を見ることができました。
夫がいて本当によかったです…
1人だったら…と思うと、ゾッとしたわ…(-v-)
(恐らくギャン泣き・阿鼻叫喚)


こうして入園式は、2人とも「なんだかわけわからないイベントのために、
幼稚園に連れてこられ…不安なまま終わった…」という感じで幕を下ろしました^ ^;

私も体調がつらかったですが、緊張のせいかなんとか乗り切れました^ ^
妊娠前は「入園した2人の姿を見たら、感極まって泣いちゃうかもな…」なんて思っていたのですが、
気持ち悪さが先にたってか全くもってそんな気持ちにはならず…でした^ ^;

冷たい母でごめんよ…(-v-)


さらに、カメラを夫に託していたのですが…
娘の写真が1枚もない…orz(変な動画はある)
さらに、家族写真を撮ってもらうのもすっかり忘れました…

娘、かわいいワンピース(姪のおさがりのファミリア)を着ていたというのに…
私も、仕事を辞め出番のなくなっていた新品の上等なツイードスーツを、
今だ!とばかりに初めておろしたというのに…T T

痛恨…orz

かくして双子の園生活はスタートしました。


【登園1日目・2日目】

別れ際、2人ともギャン泣き…(-v-)
私の両足に1人ずつかじりついて離れようとしません…

私がニコニコしながら、両足にギャンギャンいう2人をズルズルひきずって登園してくる姿に、先生は「す…すごい…◎ ◎;」とビックリしたらしい。
幼稚園の先生にそんな風に言っていただけるなんて…光栄です…(-v-)。。。


先生2人に無理やり引きはがされ、羽交い絞めにされる2人 笑

「お母さん、行ってください!バイバーイ!」と先生に言われ、
笑顔で「すぐ迎えにくるからね~」と言い残して、スタコラ園を後にしました。

泣きわめく我が子を残していくのは、後ろ髪ひかれる思いで胸が痛い…
というのはよく聞く話なのだけど、

私は…

全く大丈夫でした…(。-∀-)


なんでだろ???私、冷たいのかな???^ ^;
でも、1つには「この園なら大丈夫」と思える信頼があるからかな…とも思います。


それよりも、帰りはウッドデッキに子どもたちが一列にズラッとならんで
お迎えを待っているのですが、その光景にウルッと来てしまった…(; ;)

息子はニコニコしながらはにかむような感じで私に近づいてきて、
娘は不安そうな怒っている感じでたたずんでいました^ ^;

さすがに興奮したようで、帰宅してからも奇声をあげて踊りまくったり、
落ち着きのない様子で、娘もいつになくハイテンション。
夜も寝るのに1時間くらいかかりました。(いつもは比較的コテッと寝る)


2日目になると少し落ち着きを取り戻しました。
でも、よっぽど幼稚園がショッキングだったのか、
幼稚園の話をしたがらず、無かったことにされてました^ ^;


【3日目】

娘は相変わらず別れ際、大号泣。
息子も泣いていたのですが、なんとなく娘につられている感じ。
息子は先生と会話すると、ちょっと教室の中にも興味をもちはじめている様子。

娘は、行きの車でも無言で目をつぶり、耳を手でおさえて、現実をシャットアウト 笑
先生の呼びかけも、完全無視!!
帰ってくる時も無表情で、つまらない…疲れた…つらい…という感がありあり…

息子はだいぶ慣れたようで、帰宅後、トイレに行って座っている時に、
突然、幼稚園でならった手遊びの歌を歌い始めたりしました^m^


【4日目】

娘、はじめて朝行きたがらず。
それまでも嫌だったのでしょうが、車には自分で乗っていたんです。
しかし、はじめて乗車拒否。

泣き叫ぶ娘をどうにかこうにか車に押し込めて連行しましたが、先生に引き渡す時も泣きました。
本当に幼稚園イヤそう…(- -)。。。

息子はまたつられてチョロリと泣きましたが、
先生の働きかけの甲斐あって、すぐに教室に入って行きました。


【5日目】

息子がついに泣かずにいけた!!!
幼稚園はどういう風に過ごすところ…というのがわかってきたみたい^ ^

一方の娘は、駐車場~教室までグズグズいっていたけど、
先生を前にしたらスンスン言いながら「ないちゃった…」
と自己申告をしていました^ ^;
1日目のギャン泣きを思えば、大進歩です!

先生に「泣きたい時は、泣いてもいいんだよ~」と言われつつ、
ションボリしながらも教室に入って行きました^ ^;


そして!6日目からはイヤがりながらも、娘も泣かずに登園できるようになりました。
(でも、本心は行きたくない)
お迎えの時は、息子は笑顔でかけよってきてくれますが、
娘は私の姿を見つけても無表情で棒立ちです。
内心はホッとしているのでしょうけどね…^ ^;

それどころか、わざとまったく関係ない話を突然したりします。
自分の本心に注目されるのがイヤみたいです。
複雑な女心…(-v-)。。。


◆その後の娘のようす

入園後、約1ヶ月たつわけですが、2人は泣かずに通えるようになりました。
でも、心から楽しんでいるか…といえば、そうでもなく^ ^;

息子はわりと適応してきて、これが楽しかった!というような話もしてくれます。
でもお母さんと一緒にいる方が、まだ好きみたい。
一方の娘はまだまだ心のバリアが高くて厚い感じ^ ^;


私 「今日、なにしてあそんだの???」
娘 「なにもあそんでない(- -)」
私 「……。。。」

またとある時は、

私 「今日、なにが一番楽しかった???」
娘 「たのしいことはなにもない(- -)」
私 「……。。。」


と…とりつく島がない…orz

こんな感じでぶった切られます^ ^;
さすが…生まれつきのクールだわぁ…
3歳ってこんな切り替えしするんだね…(-v-;)


「○○せんせいのカオがこわい」
「せんせいもともだちもすきじゃない。ひとりで(お母さんと離れて)あそぶのすきじゃない。ずっとおうちがいい。」


拒否しまくり。
でも、もっと感情を表に出さずに我慢するかと思っていたのですが、
自分の不満をかなり言語化できているので、その点は少し安心しました。

連休だったので「今日は幼稚園おやすみだよ」というと、
満面の笑みになったり…

本当に幼稚園がイヤみたいです^ ^;


娘の様子と、先生からの話を総合的に判断すると、
まだ集団の中で身の処し方がわからず、先生にも友達にも心を開けず、
幼稚園=安心できる場所…とは思えていないみたいです。
なので、思いっきり遊ぶことも全然できないみたい。

こればっかりは時間が必要そうですね^ ^;



入園当初は、「いってこーーーーい!」って感じで、
どんなに泣いていてもドーンと構えて送り出すことができていたのですけど、
1ヶ月たっても幼稚園でなじめずに、お友達もおらず、娘は不安な思いをして1日過ごしているのか…
と思ってしまうと、なんだか不憫で…

「ようちえん、やだ…いきたくない…」
と言われると、胸がズキズキいたむように…

まだ1ヶ月!まだまだこれから!と言えばそうですし、集団が苦手でわいわい遊ぶよりも、状況を観察したり、静かに落ち着いて遊ぶのが好きな娘の性格はわかっていたつもりですが、徐々に長期戦の様相を呈してくると、じわじわ堪えてきます…

前にブロ友さんがお悩みを書いていたのって、こんな感じだったのかな…(; ;)

絵本の「コッコさんのともだち」を思い出す…


親のエゴかもしれませんが、
どうせ通うなら楽しく通ってほしい…
と、どうしても期待しちゃうんですよね…^ ^;

初めて社会の波を自分で乗り越えようとしているのでしょうけどね…
つらそうな姿を見ているとたまらない…(; ;)

この前、テレビでライオンの母親が子どもを木の上から本当につきおとしている
映像をやってた!獅子は子をがけから突き落とす…って本当なんですね…◎ ◎;
大袈裟ですが、今それに近い心境です…(-v-)


まぁ、新1年生になった甥っ子は、幼稚園に楽しく通えるようになるまで
1年半(年中の前半まで)かかった、2年保育でもよかった…と姉が言っていたし、
きっとそういう子もいますよね…(-v-)。。。

1年半かぁ…
あうぅ…
忍耐強く見守れるだろうか…


…とまぁ、娘が心配…というようなことを書いてはいますが、
幼稚園でならってきた歌を家でもうたうのが好きで、
最近は「おかあさん、ピアノひいて~!」と言うようになり、
家でもいっしょにひきながら歌ったり、幼稚園のことは強く印象に残っている模様^ ^


なにか1つでも、好きな遊びや歌が見つかるといいな…
1人でいいから波長の合う友達ができるといいな…

なにがきっかけになるかわからないけれど、
徐々にでも慣れて行って、いつか幼稚園が安心できる場所だと思ってくれたらいいな…
と思います。


◆その後の息子のようす

息子の方は思っていたよりも馴染むのが早くてビックリしました。
まぁ、入園の影響なのか家ではちょい荒れなので、それはまたおいおい書きたいですが…

まわりの子たちも自分を出せるようになってくると、友達同士の衝突が出てきたり、
それはそれでおいおいまた違った変化や、複雑な悩みも出てくるのだとは思うのですが、
息子の幼稚園での様子だけをみると、意外に順調です。

お迎えの時は、満面の笑みでダーーーッと走って来て抱きついてくれます。
息子は男子特有の単細胞ですが、こういう無邪気なとこはほんとうにかわいい…(-v-)
いや、単細胞だからこそか…^ ^;

息子の担任の先生は、ベテランの先生で、
園内の先輩ママからも「担任○○先生なんだ~。なら、大丈夫!」
と太鼓判を押される先生です。

息子がはやく馴染めたのも、この先生の力量によるところも大きいのでは…と思っています。
この担任の先生に関して、入園早々ビックリしたことがあったので、
それはまた別に書きたいと思います。


◆はじめての母子分離・はじめての双子分離

さて入園して、初めて本格的な母子分離をしてみて…
日に日に子どもたちが変化していくのに驚いています。
おなじギャン泣きでも、前日のギャン泣きとはちょっと違ったり…
毎日少しずつだけど慣れていったり、まわりがよく見えてきているのが、手に取るようにわかります。
子どもってすごいな…

そして、双子にとって初めての双子分離…
2人が離れ離れになるのもほとんど初めて。
(1人ずつ近所におでかけ…などはありましたが、本格的なのは息子が入院した時くらいかな???)

保育時間中に、娘が少し不安になった時などは、
「○○(息子)は???」と先生に聞いて、
となりの教室を観に行ったり、トイレは年少組共通なので、
トイレに行くとお互いに手を振りあったりしているそうです^m^


離れ離れになった2人を見てみて、私が2人をいっしょくたにしていた部分が分かれ、
それぞれの性格がクリアに見えてきた気がします^ ^;
息子ももっと馴染むのに時間がかかるタイプかと思っていたし。

元々性格が違う2人ではありますが、
一緒にいるとどうしても連鎖したり、同調したりする部分もあるし、
反対に、似た性格の部分があったとしても、双子やきょうだいの場合、
よりその傾向が強い方の子の特徴として位置づけられていったり…

なので、わかれることによって、2人の違いもよりハッキリ見えてきて…
今とても新鮮です^ ^


今後も集団生活をとおして、2人のまだ知らない側面をたくさん見せてくれるのだろうと思います。
とても楽しみです^ ^

その前に早く、幼稚園で自分を出せるようになってほしいのが先だけど…^ ^;

------------------------
またまたたくさんのコメントを本当にありがとうございます(;v;)
感激しています!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ

SHARE

12 Comments

sunny says...""
なんとびっくりな第三子を授かったんですね~!
おめでとうございます!

静かな生活さんは以前の記事で、双子ちゃんの洋服や靴をフリマで売っていたので、
三人目は無いのね~と勝手に思っていました。

そして、これまた勝手に、双子の次にもう1人仲間ができて、
そしてそして、バトンタッチな感じの妊娠のご報告に、嬉しくなってしまいました。

そうなの、双子のあとの一人は楽に感じますよ~。
でも、妊娠中に期待しないようにって気持ちも分かる~。

私も、2ヶ月の次女を今は扱いやすいって思っているけど、
いつ、裏切られるか…笑
一寸先はダークサイド、(双子)育児はいつどんでん返しが起こるか分からないので、
「やっぱりね」っていう心の準備だけはしています…

でも、経験があるって一番の強みかも~。
訳分からん!!
自分の時間も無い!!っていう状況も、経験しているとドンと来いです。
泣いてても、可愛いし。
は~、ホワホワプニプニの乳児の足や腕をもみもみしてますよ~。

私もつわりの辛さと、産みの痛みがなければ、また新生児に会いたい!
でも、これで最後なので、楽しんでいます、育児。
(そのわりに、写真、全然撮っていないけど)


娘ちゃん、息子ちゃんの幼稚園入園もおめでとうございます。
私も、ポイポイって感じでべそかくわが子を幼稚園に預けていたので、分かる~。
さあ、世間の荒波に、もまれてきなさい!っていう・笑

写真の息子くんの「へ」の字のお口が可愛い。
への字になっちゃうよね~。

娘ちゃんの様子も…初めての田植え経験の時を思い出すわ~。
親としては楽しく登園してほしいですよね。

園長先生にアドバイスされて実行しているんですけど、
「今日の幼稚園、楽しかった?」
「何して遊んだ?」
って、あんまり聞かない方がいいそうです。
…理由までは忘れました。
でも、私が子どもだったら、あんまり聞かれたくないかもって思ったので実行。

子どもが話した時に、そうなんだね~って聞いてあげるくらいで丁度いいらしいです。
でも、どうしても聞きたいときは、私が見たことをきっかけに話を振ります・笑
お迎えの時に隣に座っていた子はだれ?とか、
何々ができててびっくりした~とか・笑
そのうち、ぽつぽつ話してくれる時がきますよ~。

別のクラス、興味あるな~。
年長はクラス別がいいから、来年は転勤願いだしてもらおうかな・笑

長くなりましたが、
妊娠中の体は本当に疲れやすくなるので、無理しないように。
私は出産した後のほうが体調がいいです。
…妊娠中と産後の数ヶ月は月のモノがないので、精神が安定するし・笑
2016.05.09 09:11 | URL | #- [edit]
まくすた says..."わかるわかる"
娘ちゃん、私の小さい頃にソックリ!!笑
私の集団生活嫌いは小学校まで続き、3年生の時は少し不登校になってました。笑
もう一度小学校に行かないといけないなら、私立に入れてほしい〜。もしくはインター。
大人びてるんですよね〜。目的が必要というか。なんで行かないといけないのか、納得できなかったから。
たとえば小学校でいうと、うちの母が早期教育好きだったせいで小学校で学ぶことのほとんどは先に知ってたから、なぜ小学校に行かないといけないのか意味がわからなかったし、集団で学ぶより個人で学んだ方が効率的だと思ってました。笑

理解できるかどうかは置いといて、幼稚園に行く目的とか、将来の夢とかそういう話をしてあげたらどうですかね??
私は自分の仕事の話(児童福祉をしているので)を息子にしたりしますよ^^
「強くかっこいい人になりたい!」と息子は常々言っているので、そうなるために何が必要かを話し合ったりします。
息子は男の子だしまだまだ幼くて単純ですけどね。
女の子は子ども扱いはダメですよね〜。
でも娘ちゃんが泣いて発散してたのは良いことだと思います!私はひねくれることで発散してました。笑
2016.05.09 09:38 | URL | #MgjwVgSI [edit]
mika says..."幼稚園"
娘ちゃん、なかなか辛い時期ですね><
こればかりは周りが急かすと余計にダメになることも多いから、どこまで踏み込んでいいのか、どこまで見守るのか、難しいところではあるけど、早く娘ちゃんが溶け込んでいくのを待つしかないですもんね。
密かに息子くんの順応性にも少しビックリです^^でもいい意味で♪
何かハマるポイントがあったのでしょうかね。
あ~でも娘ちゃんの「たのしくない」とか、胸が痛いー。
うちもちょっと前までは毎日ソレでした。ヒロが…ずっと。ユウは言葉も上手に表現できないからヒロのマネをして同じことを言ってたけど、でも2人して言われると心が折れそうになりました。
娘ちゃん、今はどうなのかな?って、そこまで日にちも経ってないし連休もあったし、なかなか幼稚園が遠のいてしまったかもしれないですね。
連休明けの送迎ほど困難なことないですもん^^;
でも娘ちゃん、童謡だったりわらべうただったりが好きですもんね♪そういうところから好きになってくれればいいですよね^^

初の双子分離、うちはまだまだです。
実は小学校卒業まで分離はなくて、ずっと一緒。これもまたどうかな?と思うのだけど
少ない人数の小学校なので仕方ないなーと。
今は心強いけど、大きくなると苦痛になるかな?とか思ったり^^;
でも、いろいろ見えてきますよね。
どうしても「双子=一緒」「双子=似てる」って思われがちだし、そう見てしまうことって親でもあるけど、
保育所に行ってる分、個々としてきちんと見れてるって、改めて思いました。
そうだな~って今、気付く私です(笑)
2016.05.09 11:12 | URL | #- [edit]
夏秋 says..."入園おめでとうございます"
こんにちは

藤棚キレイ(^o^)
娘ちゃん超クールですね笑
目を閉じて耳を塞ぐなんてオトナだわ
でも分かる気がします
娘ちゃんはきっと今までの静かな生活さんと息子くんとの生活がすごーく楽しかったのでしょうね

男の子はその時楽しければオッケー!みたいな笑 勝手なイメージですが‥

息子は1歳半で保育園入園して一年経ちましたが、やっとほぼ自分を出せるようになったかな‥程度です
言葉も遅くお友達の名前が全然出てこないし、1日何して何が楽しかったのかまだ聞けないことがもどかしいです
口を開けばでんしゃ(園庭の前が線路なので、定位置に座り込んでいる)、かセンセーくらいですが家では歌を歌ったり
そんな感じですが楽しそうです

前のコメですが、10人産みたいって言えることは本当に素敵なことと思います。尊敬!
いや〜見たいな!!笑
2016.05.09 12:49 | URL | #- [edit]
杏 says...""
静かな生活さん、ご懐妊おめでとうございます!
ずっとブログ大好きで読ませて頂いていたのですが、私自身がつわりでネットするどころじゃなくなり、
安定期に入って体調が落ち着きはじめ、久しぶりにこちらを覗きました。
そしたら静かな生活さんも同じ時期に苦しんでおられたなんて!
私は2歳の息子が一人いるだけですけど、双子ちゃんのお世話+つわりに耐えるなんて大変すぎます(涙)
どうかお身体大事になさってくださいね。
ちなみに私は予定日10/19です^^
出産まで頑張りましょうね~!
2016.05.09 17:56 | URL | #- [edit]
静かな生活 says..."◆sunnyさんへ"
きゃ~!sunnyさん!お久しぶりです^ ^
エッ…次女ちゃん、もう2ヶ月なの…早…(。-∀-)

いやいや、お祝いのお言葉、本当にありがとうございます^ ^
図らずも、sunny家と同じ4歳差でまたしても後を追いかけることになりましたね^ ^
今後ともよろしくお願いしますよ~先輩(-v-)うちも次、女の子がいい~~~
女子はなかなか複雑で難解ですが、話が通じない宇宙人男子よりも、今のところ私の精神的ストレスが少ない 笑
結婚しても男子よりは家に顔出してくれるだろうし…(-v-)

新生児は中毒になりますよね…
ほんと、つわりがなければ、そして無責任にかわいがるだけでいいなら、いくらでも産みたい…(-v-)
次女ちゃんもだっこしたいな~~^m^

あと、娘の幼稚園の話、我が家では3歳になるかならないかぐらいの頃から、
寝る前にお布団の中で母子で、その日にあったこと(嬉しい・楽しい・時にいやだったこと…などの印象深かったこと)を
話してから寝る…という習慣になっているので、そこでいつものように聞いた時の会話なんです。

私は幼稚園に限った話をしているわけではないんですけど、
でも娘にしたらどうしたって幼稚園にいったショックが一番大きかったわけで、娘にとっては
結局その質問がsunnyさんがおっしゃるようなプレッシャーになっていたんだと思います…^ ^;

入園前のつわり中にも夜の会話タイムで、「今日いちばん何が楽しかった???」と聞いたら、
たいてい、お散歩してアレみた!とかおやつにクッキーたべた!とかなんですけど、その日は
「う~~ん、なんにもないな~たのしいの。ギャハハハ~」って言われて、
そういえば今日丸一日、外にも出ず、完全放置だったもんね…って凹みました…(-v-)。。。

でも、今日も寝る前に同じように話をしていたら、今日はじめて
「○○先生とねんどをしたのが楽しかった!やさしいヘビをつくったんだよ!」
と初めて「ようちえんでたのしかった」という話をしてくれました…うぉぉ~~T T
ちょっと光明…T T

田んぼの最初も覚えていてくださってありがとうございます!
せっかく慣れたのですが、今年は田んぼも静かな生活菜園もお休みします。
そのかわり、庭に野菜をちょろりと植えるのと、「幼稚園の畑を支える会」に行ける時だけ参加しようと思ってます^ ^
また来年度復活できるといいな~^ ^

双子別クラス、思っていたよりもなかなかよかったです^ ^
しかし、やはり保護者会などが…頻回に…
なんやかんやいって、週の半分くらいは園に入り浸っている気が…
役員とかじゃないんですけど…^ ^;

関係ないですけど、さっき「男女双子」でグーグルの画像検索したら、
sunny家のパンツマンが出て来たよ 笑

お見舞いのお言葉もありがとうございます~!
つわり明けでテンション高くなってますが、無理しないようにしますね…(-v-)。。。
2016.05.10 00:05 | URL | #- [edit]
まこ says..."おめでとうございます(^_^)v"
いつも、読むだけ専門なのですが、あまりにおめでたいことなので、遅ればせながらのコメントです。
第三子のご懐妊本当におめでとうございます‼くうっ‼
皆様の言うように幼稚園入園準備でお忙しいのかと思っていたら、まさか、こんなに大変なおめでたいことだったとは‼
(過去1回だけ積み木の件でご質問したことがあるのですが、毎回静かな生活さんのブログは楽しみにしていました。)
双子ちゃんのお世話をしながらの妊婦生活は大変すぎるかと思いますがお母様旦那さまの手を借りて乗り切ってクダサイませ(双子ちゃん達も3歳の向こう側にいることですし、静かな生活さんの大変さも分かってくれると信じます)

今回の入園の娘ちゃんの記事を読んで分かる分かるとうなづいてしまいました。
うちには2歳9ヶ月になるミックスツインズがいるのですが、昨年度保育園に入園し今2年目なのですが、朝行きたくないと大粒の涙をこぼしながら泣きわめくでなく泣くのです…
つられて息子も泣くこともありますが、娘のほうがどうしても行きたくないママといたいという感情が強いのです(お迎えの時は笑顔だし、二人ともママ❤と駆け寄ってくるんですけどね)
1年前の預け初めのギャン泣きより辛いものがあります…(同じ同じと頷きながら読みました)
ただ、静かな生活さんはあんなにも吟味して選んだ安心の幼稚園なので、今はまだ1ヶ月、お母様がどーんと構えて待つ時期なのかなとも思いますが、クールな娘ちゃんの反応は心にグサッときますよね
お互いなんとか乗り切って、泣かずに通園してくれるようになるといいですね

長々とごめんなさい😢💨💨
お体労って妊婦生活を過ごしてくださいませ\(^_^)/
ブログ楽しみにしています
2016.05.10 01:40 | URL | #DL7C8m6w [edit]
静かな生活 says..."◆まくすたさんへ"
わ~~…まくすたさん!かなり賢いオトナ女子だったのですね!!◎ ◎;
なかなかの左脳派!私も中学以降は大義名分がないとダメだったりしましたが…
保育園時代はポーッとしていた気がしますよ…(-v-)。。。

私は、7歳くらいまでは子どもって「模倣期」だと思っているので
色々と子どもに言葉で説明するよりも、大人がそれをやって示すことや、
たとえぞれがマイナスな感情だとしても、頭で考えるよりもその瞬間のフレッシュな感覚を大切にしたいと、
これまで考えてきたのですが、まくすたさんのコメントを読んで、たしかにそういうアプローチが
娘にあっている部分があるかも!…と、とても新鮮でした。
自分では思いつかない視点だったので、本当にありがたいです^ ^

かなとくんは体育会系幼稚園なのですね!
実母は元・FC東京で現・マインツ所属の武藤選手のファンで、
武藤選手が出身の「バディ」というTHE 体育!の幼稚園に双子もいれろいれろ、いっときすごい言われてました^ ^;
単なるミーハー心で 笑

まったく同じ双子がもう1組いたとしたら、
今の幼稚園とバディと、両方通わせてみて、その育ちっぷりの違いを
比べて見てみたかったです 笑

かなとくんのがんばりに…涙…でした(; ;)
2016.05.10 19:16 | URL | #- [edit]
静かな生活 says..."◆mikaさんへ"
ヒロくん、最近までそうだったんですか!
私自身、一歳になる前から保育園で育ちましたが、あんまり嫌だった記憶がなく…小さい頃から行った方が「そういうもの」って理解するものなのかな???と思ってましたが…イヤなものはイヤですよね^ ^;ユウくんが真似しておんなじこと言ってる…というのも、目に浮かぶようです…(。-∀-)

息子の順応性には私もちょっと意外でした。まぁ、娘より根あかで、いつも楽しいことを探している感じがあるのと、先生の働きかけがハマったのかな???たぶんまだ友達がいてもいなくても、どうあろうとカンケーない、って感じなんだろうし。単純です…^ ^;

娘は、おととい初めて「○○先生とねんどしたのがたのしかった!」と自ら話してくれたのですが、今朝は久々に登園時にいやがって泣きました^ ^;
一進一退…こうして徐々に慣れていくしかないんですね…ふぅ…(。-∀-)

ヒロくん、ユウくん、小学校もひとクラスなんですね!そうか~そういったパターンもありますよね!親の事務的な手間は圧倒的に助かりますね…(。-∀-)ほんと、保護者会やらで私すでにちょいと疲れてます…笑

前に、ご自身が双子…という方から「双子は比べられることに慣れてるから、メンタルは強いです。今でもすごく仲いいし、だいたいお互いなに考えてるかわかる」…というようなコメントいただきました。
自我が目覚める時期や思春期はお互いを意識してしんどいこともあるかもしれませんけど、同じ文化を共有して育つ…ということは、他に代えられない絆を育てるんだろうな…とも思います。

親としても扱いが難しい時もありますけど、双子育児の醍醐味でもありますよね…^ ^
2016.05.11 11:06 | URL | #- [edit]
静かな生活 says..."◆夏秋さんへ"
今までの生活が楽しかった…って、そんな風にとらえていただいて…ありがとうございます(; ;)性格的なこともあると思うんですけどね…^ ^;夫も小さい頃からそんな感じだったみたいですし。そっちに似たか…って感じですよ(。-∀-)

息子はまさに、夏秋さんのおっしゃるとおり!
元々の根あかな性格もあるのですが、より刹那的 笑

息子君、ようやく保育園になれてきたのですね~
やっぱり保育園に小さい頃から行ってるから早く慣れる…というものでもないのですね。本当にお疲れ様ですm(._.)mしかし、電車…やっぱり男子だわ…^m^

お友だちと本当の意味で一緒にひとつの遊びをするのって、年中さんくらいだと思うので、我が家もそれまでに慣れて、心安い友達が娘にできたらいいな~…と思ってます^ ^

出産は、同じ配合でも全然違う子が出てくるんでしょ?!次はどんなの出てくるんだろ???って、ガチャガチャみたいに、次のが見たくなっちゃうんですよね…^ ^;
不謹慎でスミマセン…現実感のない、ただのアホです…(。-∀-)
2016.05.11 11:20 | URL | #- [edit]
静かな生活 says..."◆杏さんへ"
杏さん、お久しぶりです!お祝いコメントをありがとうございます^ ^
きゃ~!杏さんも妊婦さんなのですね?!ご妊娠、おめでとうございます^ ^しかも同じ10月予定!!
(5月=妊娠5ヶ月だから、わかりやすいですよね 笑)
まさに同じ時期につわり…本当にお疲れ様でございました…本当に勘弁してほしいですよね…(- -)。。。

しかも、その後もずっとブログ読んでくださってたのですね…嬉しいです(; ;)

つわりが終わると、上の子がいると、つい妊娠の事実を忘れることありませんか???いらぬ心配もしなくて済みますが…既に手抜きな3人目です…

お気遣いとお見舞いのお言葉もありがとうございます^ ^
10月まで頑張りましょうね~!
2016.05.11 11:30 | URL | #- [edit]
静かな生活 says..."◆まこさんへ"
まこさん、お久しぶりです!お祝いのコメントを、本当にありがとうございます^ ^
そんなに、めでたい!めてたい!と言ってくださり…我が家の両親よりも祝福してくださり、嬉しいです 笑

ブログもずっと読んでくださっていたのですね~!
ワクブロック、活用なさってますか~!^ ^

まこさんちの娘ちゃんも、保育園をいやがって泣くのですね…
2年ですか…なかなかの歴!我が家の1ヶ月なんてどーってことないですね…(。-∀-)まこさん、本当にお疲れ様です…やはり娘ちゃん、お母さんといるのが一番楽しくて好きなのでしょうね…(; ;)
ギャン泣きよりも冷静にさめざめと泣かれる方が、堪えるんですね…こんな気持ちは初めて知りました…(。-∀-)

因みに、我が家の双子、3歳の向こう側にたどり着いて7ヶ月が経ちますが…ビミョーです(- -)。。。
お母さんが具合悪いと、子どもが労ってくれたり、泣いているお母さんを慰めてくれる小さいお子さんの話を聞いたことがあるのですが、我が家はまっっったくです…

つわりの最中に、急性胃腸炎になり、妊婦ということもあって救急車で運ばれたのですが、その時、ゲロゲロ戻す私を見て、娘は「いま、ゲポッていったー!きゃ~っはっはっ!」と笑い転げ…息子は息子で、救急車と救急隊員に大興奮でした…

まったくわかってない…笑

こんな、ちょっと残念な我が家ではありますが、なんとか家族協力して、無事にお産を迎えられたら…と思います(^-^;
お気遣いとお見舞いのお言葉を、ありがとうございました^ ^
2016.05.12 16:35 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。