静かな生活 ~ 東京で双子育児 ~

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

のんびりファミリーキャンプ@道志村【1】

2

ブログランキング・にほんブログ村へ

*** 双子 3歳10ヶ月 ***
*** 妊娠8ヶ月 ***

2泊3日で家族でキャンプしてきました。
義妹も一緒で、今回は5人でのキャンプです。

IMGP4430.jpg

予約のいらない(というか予約不可の)キャンプ場で、とても人気があると聞いていたので、いい場所がとれるかドキドキでしたが…

金曜10:30に到着して、木陰でプライベート感もありつつ広々、トイレや炊事場・遊ぶ場所にも遠すぎず…いい場所をゲットすることができました^ ^

IMGP4428.jpg

↑サイト脇の斜面をおりていくと、こんな渓流。
水がきれいでつめたい!
サイトから直接おりられるので、プライベートリバー???のようでした^ ^

IMGP4319.jpg

↑お天気は3日間とも快晴!
日向は水遊びにもぴったりの暑さ。だけど、木陰は涼しい…と最高の気候でした^ ^

IMGP4168_201608020833274f7.jpg

↑子どもたちは、さっそくオタマジャクシを探しに…

めずらしく、いちばん引っ込み思案な娘がお兄ちゃんたちに果敢に話しかけていたらしいです^m^

IMGP4187.jpg

↑小さいのから大きいの、足がはえてるのからまだのもの…たくさんゲット!

IMGP4178.jpg

↑サイト横の渓流も探検

その間、私はサイトを整頓。

レイアウトしたり、寝床をつくったり…
これがまた楽しい^m^

IMGP4192.jpg

↑大きなクーラーボックスと、その両脇のカゴは全部食材…
2泊とはいえ、持ってき過ぎた…(。-∀-)
帰りにはクーラーが空っぽ!!な達人を目指したい。

IMGP4220.jpg

↑でも、今回のレイアウトは大成功^ ^
とっても過ごしやすかったな~


微妙~に傾斜のあるサイトだったから、どっちを頭にして寝るか迷い…
(傾斜に対して頭を上にして寝ないと、血が上って寝心地が悪い)
実際にテントの中で、全方向に寝っころがって寝心地を確認。

自分が水平器になった気分だった…(。-∀-)
t010005165485.jpg
↑DIYや工事などで使う水平器。気泡が真ん中にくると水平…ということ(-v-)

IMGP4197.jpg

↑子どもたちは池の水をひいた巨大プールに義妹と繰り出しておりました。

IMGP4196.jpg

↑水が冷たい~!
私は足元がおぼつかないので、義妹におまかせ(。-∀-)
足だけ入ってましたが、本当に気持ちいいな~^ ^
今度はガッツリ私も水着持参で来よう!

IMGP4195.jpg

↑小型のジンベエザメが双子に人気

IMGP4201.jpg

↑カブトムシも持っていきましたが…
こちらは安定悪し&水に浮くカブトムシは見た目もシュール。。。

IMGP4203_201608020833387a4.jpg

↑林間学校?スイミングの合宿???
団体もドーーーン!!といますが、だだっ広いので全然大丈夫

IMGP4214.jpg

↑怖がってしばらく入らなかった娘も、ようやく入水!!
楽しそうでよかった^ ^

しかし…この後、息子がプールにぼっちゃん!する事態が発生…
もちろんすぐに引き上げたのだけど…

幼稚園で「水は一度怖い思いをすると、イヤになってしまったり、克服するのに時間がかかったりするので、夏休み中の水遊びにはくれぐれも細心の注意を払ってください」と言われていたのに…あぁ…

幸い、もう一度遊んでくれたのでよかったですが、次の日もちょっと怖がってました。。。
ライフベストを装着するか、絶対に手を離さないか…ともかく、気を付けよう…

IMGP4188.jpg

↑連日激務だったお父さんは、お昼寝中…zzz

IMGP4234.jpg

↑子どもたちは、義妹お手製のキウイビネガージュースで水分補給
果実入りで、本当においしかった~~!

炭酸水はやっぱりペリエよりゲロルシュタイナーの方が好きだな~

IMGP4247.jpg

↑甘いものに目がない娘…
水遊びよりも何よりも、最高の笑顔が輝く…(。-∀-)

IMGP4233.jpg

↑今度は子どものお昼寝タイム


大人はぼちぼち火おこしして、お夕飯の準備にとりかかります。

と、ここで忘れ物が発覚!!!

--------
【今回の忘れ物】
・カセットコンロ
・ホットサンドメーカー
・卵
・絵本
--------

私はいつも自作リストを見ながら準備するのですが、今回の準備はほぼ夫任せ。忘れたものは普段も使っているので、キャンプグッズとしてまとめて収納してないものだったので…気持ちはわかる…(。-∀-)

いつも、調理の熱源はカセットコンロと焚き火台の2つ…
あぁ…どうするどうする???


幸い、ここは直火で焚き火がOKのキャンプ場だったので、焚き火&炭火で料理することに。いやいや、これが本来のキャンプの姿なんですけどね…(。-∀-)

IMGP4226.jpg

↑石を集めてかまどをつくって…
着火!

やっぱり火仕事は楽しいね^ ^
私はかがむのがしんどいので、今回は全部夫にお任せ。

お隣のサイトのお父さんも、1泊2日、薪割したり、ずーーーーーっと火仕事してたな…
そして、すべて焚き火で料理してた!
男のロマンなのでしょうか…^m^


焚き火で料理するということは、鍋が煤(すす)まみれになるということ…
(煤は一度つくとなかなか簡単にはとれません)

IMGP4255.jpg

↑あ゛ぁ゛~~~~~~~~っ
私のルクちゃんがぁ~~~~~~T T

覚悟して火にかけたとはいえ、やはり心理的に打撃が…

大事に使っている鍋なので、ショックな気持ちと、
ちっちぇ~ことを気にするな!という気持ちと…葛藤(。-∀-)


でも、そのおかげで…

IMGP4252.jpg

↑ハヤシライスができたよ~~!!
ごはんもふっくら、ほんのりおこげ。ベストな状態に炊けました^ ^v

IMGP4256.jpg

↑お夕飯は、ハヤシライスと…

IMGP4235.jpg

↑ぬか漬け

汗かくと、塩気がなおさらおいしく感じる!^ ^
ハヤシライスも、ルーは使わずにおいしくできた!

IMGP4263_20160802083421bf7.jpg

本当はもう1品作る予定だったのですが、かまどづくりや火を安定した状態にするのに時間がかかったので、これだけ。でも本当に満足でした!

キャンプにハプニングはつきもの。
それをまた考えてどうにかするのもまた、楽しさや醍醐味ですね~

IMGP4270_201608020834168e8.jpg

↑食後は残っている火で、マシュマロタイム!
火であぶって食べたり…

IMGP4274.jpg

↑とけたマシュマロをリッツサンドにしたり…
定番かつ、最高だね^m^



さて今回のキャンプは、色々な虫や生き物に出会いました^ ^

IMGP4238.jpg

↑これは死んでいる虫が、菌(白い部分)に浸食されているところ。
こうやって自然に戻っていくんだね

IMGP4240.jpg

↑夫の帽子にカミキリムシ

IMGP4468.jpg

↑近くの温泉に行ったら、露天風呂(女湯)で捕獲したコクワガタ。
ワタクシ、素っ裸で、脱衣籠にいれてキープしました…(。-∀-)

IMGP4328_20160802083443501.jpg

↑小さな小さなサワガニ

IMGP4281.jpg

↑どんどん水槽や虫かごが埋まっていく…
他にもアメンボやカエルもたくさん。

去年は虫が怖かった双子も、すっかり手づかみできるようになりました^ ^



ショックなことがもうひとつ。

IMGP4442.jpg

↑愛用している椅子…

IMGP4441.jpg

↑大きな穴が開きました~T T
焦げてるので、恐らく焼けた木か炭の大きめのかけらが飛んだのかと思われる…

我が家のキャンプは焚き火が中心なので、穴が開きにくいキャンバス地の椅子を選んでいたのに…それでもあいてしまった…(。-∀-)

これ、絶対に子どもが指をぐりぐり突っ込んだりして傷口拡大必至なので、早いところ修繕しないとな…
縫うの面倒なので、ダウンジャケットの補修シール???みたいなのでいいかなぁ???


一方、ハプニングがあったかと思えば、今まで日の目をみていなかったキャンプグッズが、今回は続々と活躍する…という事態にも。

--------
【活躍したキャンプグッズ】

・水のタンク
・ヘッドライト
・トイレットペーパーホルダー
・選択紐・タフフック

--------

今までのキャンプは、実は炊事場がそこまで遠くなく、水の汲み置きをしておく必要がなかったんです。だからタンクもいらなかったし、暗がりを歩くこともなかったのでヘッドライトも使うことがなかった…

今回のキャンプ場はとても大きくて、炊事場もトイレも少し離れていたので、タンクもライトもあってとても重宝しました。

IMGP4265_20160802083422645.jpg

そして、トイレットペーパーホルダー。
今回の最寄トイレはペーパーがなかったので持参する必要がありました。トイレットペーパーを手にぶらさげてトイレに向かえるので、本当に便利でした^ ^

IMGP4424_20160802083430fdc.jpg

↑洗濯紐やタフフックも、今回大活躍。
今までの1泊2日だと、慌ただしくてモノを干すのもガイロープで済ませてましたが…

今回は2泊だったので、サイトを設営した際にきっちりセット。水着やサンダル、シェラカップもほいほい干せて、そして乾いたらまたそこからとって…ととても便利でした^ ^

(でもモノでごっちゃりするのは落ち着かなくなるので、そこは塩梅が難しい)


とっぷり日も暮れて…
お昼寝時間が短かった子どもたちも、すぐに寝たいモードに。

これまためずらしく、絵本を忘れた私。
しかし、疲れていたのか、時間も遅めだったせいか、子守唄をうたっていたらコテッと寝ました。

で、一緒に義妹も寝てしまいました…(。-∀-)
日中、ずっと子どもと遊んでくれていたんだもんね^ ^;
大人の手が3人あると全然違う!私が1人前も動けないので、本当に助かりました^ ^


私も夫も眠かったのですが、子どもがいないうちにポテチとチョコを食べたい!という一心で起き上がり…笑

火は消えていたので、もう焚き火はおこさないで、リラックスチェアに身をゆだねて夫婦でヌボーーーーーッとする時間を過ごしました。徐々にまわりのサイトも寝静まり…


空を見上げると…

びっくりするくらいの満点の星空!
頭のちょうど真上が天の川で、夏の大三角がくっきりと!

はくちょう座のデネブ、琴座のベガ、わし座のアルタイル、カシオペア…
小学生の時に覚えた星の名前がパーッと蘇りました。

そして、流れ星もびゅんびゅん。

こうなると、コット(簡易ベッド)が欲しいな…
コットを2台並べて夫と寝っころがって、星空をボーッとずーっとずーっといつまでも眺めていたい。

小学生の時、天文学者になりたかった夫の天文トークが炸裂。
流れ星にもいろいろ種類があったり、昔、軽井沢で真っ赤な流星痕をみたことがある…などの話をしてくれました。
(普段は寡黙な夫ですが、ひとたび話題が自分の興味ゾーンに入ると、ピラニアのように喰らいつきます…(。-∀-))


と、あれ???夫がなにか発見。
なにか光がふわふわ…

「ホタル!」

ホタルが飛んできた~(>v<)

数週間前にブロ友さんが道志村でホタルが乱舞しているのを目撃した!と書いていて、うわ~!いいなぁ!と思っていたのですが、ホタルシーズンも終わりだろうから…と諦めていたんです。

数匹だけでしたけど、本当にきれいでした^ ^
これまたいつまでも眺めていられる…

結局、ちょこっとお菓子を食べて寝るつもりだったはずが、2時間…
夫とヌボーッと静かな時間を過ごしました。


東京では見られないものがたくさん見られて…
やっぱりキャンプいいな…
思い切ってキャンプ始めてよかったな…
子どもが大きくなったら、もっと楽しみも広がっていきそう!

そう思えた、最高な1日でした^ ^

つづく→

------------------------
ご訪問ありがとうございます!
↓いずれか1つ、応援クリックいただけますと嬉しいです^ ^

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
↓インスタグラム迷走中
Instagram

SHARE

-2 Comments

ニーム says...""
旦那様と仲が良くて羨ましいです。夫と2人並んで星空を眺める・・・私もそんな夫婦になりたいのですが、夫の仕事が多忙すぎて子育ての負担がかなり私にのしかかっていて、顔を見れば喧嘩してしまいます・・・でも静かな生活さんのご主人も留守がちだから、同じなはずなのにな。
今は我が家の双子は1歳半なので、静かな生活さんのブログを見て早く子どもとこんなことしたいなって夢をはせてます。

今回の記事とは無関係なことで、ちょっとお尋ねしたいことがあるのですが、こちらのコメントに書いてもよろしいですか?ちなみに長新太の脳内地図展のことです。
2016.08.02 22:09 | URL | #- [edit]
静かな生活 says..."◆ニームさんへ"
ニームさん、こんにちは^ ^
夫と仲がいい…初めて言われた気がします…(。-∀-)

この3年半、夫とはニームさんご夫婦と同じでしたよ。まず、仕事仕事ですれ違い生活。顔をあわせたらケンカ。双子が生まれるまではそこそこお互いを尊重し合ってやってきていたのに、まさに「産後クライシス」だったと思います。私、子どもにはあまりキレないんですけど、夫には沸点が異様に低いです…(-v-)。。。確か、産後3年以内の離婚率がいちばん高い…と統計にも出ていましたが、納得するところです。ホルモンの影響もある…とテレビ番組でやっていましたが、いちばん大変な時期に、夫に理解されなかったり協力してもらえなかったりしたら、急速に愛情が冷めるのは至極当然のことなのかも…と思います。

私の場合は、心のどこかで「これじゃいけない…子どもにもよくない…」と思っていても、育児に孤軍奮闘していることを理解してもらえないことに対して怒りがおさえられなくて。

で、前にも記事に書いたNHKの番組を夫婦で一緒に見てみたり、「夫は犬だと思えばいい」という本を読んだり…どうにかこうにか、夫に状況を理解してもらおう、そしてうまく夫と折り合いつけよう…ともがいているのが現状なんです^ ^;

でも、そういう努力をし始めて、少~しだけ変わってきたかな…と今、思っているところです。

しかしながら…双子が1歳半の時なんて、夫との関係を見直す…とか、そんなこと考えている余裕は一切なかった!!その日を越えていくので精いっぱい!ニームさんのようになるのが当たり前だと思うんです。それほどまでに育児は大変!双子育児ならなおさら!だと思います。ニームさんがそう願っているなら、きっときっと旦那様とゆっくり話せる時期が来ると思います。そう私も信じたい…自分のために 笑

長新太さんのことですか???はて、なんでしょう??
もちろんこのコメ欄でもいいですし、インスタのDMでも大丈夫ですよ~^ ^
2016.08.03 00:48 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。