静かな生活 ~ 東京で双子育児 ~

MENU

結婚5周年。夫をコキおろし、そしてアゲてみる【1】夫への不満編

6

ブログランキング・にほんブログ村へ

*** 双子 3歳10ヶ月 ***
*** 妊娠8ヶ月 ***

先日、結婚5周年を迎えました。
木婚式というらしいです。

2年前に夫とのなれそめをブログ書き、なかなかの反響だったので…もしご興味もってくださる未読の方は、コチラ(→★)からお読みいただければと思います(-v-)



このブログには夫婦喧嘩のことなどたま~に書いており、さぞ仲の悪い夫婦なのだろう、と思われるとマズいので、今日はめずらしく、夫自慢などしてみたいと思います。

が、「なんて素敵な旦那さんなの!」と絶賛されても、それはそれでなんだか悔しいので(オトナになりきれない私w)、これを機に不満な点・尊敬する点、両面から書いてみようかと思います。



夫に対する不満としては、大きく2点ございます。

【1】    育児に対して当事者意識をもってほしい
【2】    たまにとてつもない地雷を踏む

------------------------

まず、【1】に関して。

ブロ友さんのブログを読んでいると、まぁ、旦那様がステキな方が本当に多い!
でも納得です。ブロ友さんたちが素敵だから。


例えば、とある旦那様は育児力が宇宙レベル。
とある旦那様は、ママも知らない間に、パパのリュックから育児に役立つグッズがなんでも出てくる 笑
とある旦那様は、夫婦仲良しで出張のおみやげにおしゃれなグッズを買ってきてくれる。
とある旦那様は、果てしなく優しく、難しい状況でも誰も傷かないように配慮して、その場をおさめることができる。
とある旦那様は、人を喜ばすことが好きで、手品やギターを披露して盛り上げるのが上手。
とある旦那様は、子ども命!って感じで、ご自分で育児ブログまでやられている…


「ほわ~!!!夫のそんなとこ見たことない!!!◎ ◎!
世の中にはそんな素敵パパがいるものなのか!!」
…と驚愕することしきりです。



もちろん、自分も書いていて思うのですが、ブログなんて生活のほんの一部を切り取っているにすぎないので、上記の旦那様たちに対してもブロ友さんたちは思うところがおありでしょうし、夫婦げんかも間々あるでしょう。私とて、夫に対して不満は募れど、感謝の気持ちは常にありますし。


ただ特に私は「育児能力」が高いパパがうらやましくてしかたない。やっぱり子どもとたくさん遊んでくれるパパがすてきだし、「一緒に子育てしてる」「一緒に奮闘してる」という「戦友感」がある。

つい最近友達が「もぅ~、うちの旦那、ほんと子ども!○○(息子君)ほったらかして、キャンプ行っても、水に飛び込んで自分が楽しんでるんだもん~~~」と漏らしていましたが、私はそういう自分の楽しさや興味に、我が子を巻き込んでいけるお父さんが素敵だなっと思います(羨望)


我が夫ときたら、放っておいたら、休日も
「家事・仕事・勉強」に明け暮れますから…(- -)。。。
(夫は私よりもきれい好き)

育児要素ゼ~ロ~

それはそれで、別視点からみると凄いな…と思うし、反対に尊敬する部分でもあるのですけど…


基本、夫は家にあまりいないので、子どもの世話をお願いすると

「3年間、双子父やってて、それ???」

と思ってしまうこ行動も多々ですし…(。-∀-)
双子と出かけるにしても“やらされ感”満載だし。

パパをのせるのが上手な奥さんっていますけど、私はそういうことに不器用で。。。
基本M体質なんで…
一段上に立って手のひらで転がすよりも、転がされる方がスキだし(なんの話だ)

なかなか育児に関して当事者意識をもってもらえない3年間でした。
(でも最近はちょっと違う。後編で書けるかな???)

------------------------

そして、上記にもつながるのですが、【2】の「たまにとてつもない地雷を踏む」。

要は「失言」ですね…(-v-)

夫が私に言い放った言葉で、私の逆鱗に触れた、思い出すだに怒りと恨みで煮えくりかえる言葉が3つほどございます。1つはドン引き必至・色々と差支えがございますのでw、ほかの2つをご紹介したいと思います。

------------------------

■「双子は預かれないよ」


これは、双子が1歳でまだまだ激闘を繰り広げていた頃、夫婦で次の週末どうしようか~と車で話していて、夫がナチュラルに言い放った一言。


「日曜は仕事しないと間に合わないから、双子は預かれないよ」

預かる???

アズカル???

AZUKARU???


今、なんと???
私の聞き間違いなの???

???( 。。)???

……。。。

この後、ワタクシの大イカヅチが落ちたことは言うまでもありません。

ワタクシは良識あるオトナですから、野蛮なコトバは使いませんが、あえて当時の心中を文字に起こしますと、


「“預かる”たぁ何事だ、テ~メェ!!!どこのどいつの子どもだ、コラ!!!お前は保育士か!いつから子どもを“預かって”んだ!「子どもは母親の所有=自分がやるべきことではない」と思ってるから、そういう言葉の選び方になるんだろーが!!!

その原始時代並みな石頭、すっかり現代最新ver.にアップデートしやがれ!
てか、オーバーホールしろ!!!

仮に!予定入ってるんだとしても、一方的に「そこはダメ」と宣言するのが腹ァたつんだよ!コノ自己中ヤロー!!!もっと申し訳なさそうに、「日曜はそうしてもダメだから、土曜に面倒みるよ。1人でコーヒーでも飲んでおいでよ^ ^☆」くらい気の利いたこと言えんのか!!!このヴァーーーーーーカッ!!!!」

ハァ…ハァ…ハァ…;


…っという、心境でございました…(*´∀`*)エヘヘ



つづきまして、極めつけがコレです↓


■「貴族みたいだね」

DIYでままごとキッチン(→☆)やら何やらを作っている私をみて、夫がこれまたナチュラルに言い放った一言。

「毎日、○○(私)は楽しそうだね~。楽しいことばかり考えていて、貴族みたいだね」

…と。。。


(絶句)


これ、もし友達とかすれ違いに知り合った人とかに言われても全然気にならないと思います。きっと同じようなことを今までも言われていたかもしれませんが、思い出せないくらい、まったく気にもとめずスルーしてる。

しかし、相手は夫です。立場が違います。
この言葉、私は棺桶にまで恨みとともに持っていきますよ…(-v-)

なぜなら、この時期の実際の私は、自身の人生においてもトップレベルでしんどい時期だったからです。



この会話と恨みの背景を説明しますと、これは双子2歳直前、「衝撃のイヤイヤ勃発期」(→☆)あたりのお話。

双子が1歳7ヶ月の頃から、毎朝毎朝、私の足に1人ずつかじりついてトップギアで狂ったように2時間泣き叫ぶことが2ヶ月つづき……双子は、自我の目覚めに自分たちでも戸惑い、ワケわかんなくなっているような状態で、なにをやってもダメでした。2人同時勃発で、外にでようにも激泣き2時間で既に消耗、どうしようもなく精神的にもう限界!という日々が続きました。

その後、少しは落ち着いてきたものの、自己主張が激しくなった双子を持て余し…
私1人の時間と言えば、双子が同時に昼寝をした2時間だけ。


その2時間、なにか自分で没頭できることを!!!なにかやらないと!!!
そうでなければ、私のアタマはおかしくなってしまう!!!気が狂う!!!
こんな時だからこそ生活に必要最低限なことだけをしていたら…私は枯渇して死ぬ!!!
…そう思うほどに極限状態でした。

かといって、1日2時間。

仕事など責任が少しでもあることは無理だし、
2時間あくといっても家は離れられない。
ママ友と延々おしゃべりで発散!みたいなキャラでもないし…


家でもできて、実用も兼ねて、自分も楽しい!と思えることって…

そんな極限状態の中で苦肉の策でひねりだして、始めた趣味がDIYだったんです。

確かに、始めてみたら楽しかったです。
気分転換にもなったし、燃えた!

でもそれは、苦労があったうえで、その状況をどうにか愉しもうとして…いやそんなに立派なものでなく、どうにか痛みをかわそうとして、日々をやり過ごそうとして…自分なりに努力して生まれた楽しみ。



それを、貴族って…

いつも楽しいことだけ考えてていいね、って…


「苦労もせず、享楽的に楽しいことだけしてればいいんだから、うらやましいよ」
そう言われているように私には聞こえ、さすがに腹に据えかねました。

自分のことをよく知らない人にどう言われようがなんとも感じないですが、自分の奮闘を、そして力作のDIY作品は苦悩ゆえの発露であることは、他でもない夫だけにはわかっていて欲しかった。。。それが反対に言葉の刃で切りつけられようとは…


夫の名誉のために、彼の言い分を書いておきますと、

「そんな(イヤミたっぷりな)つもりで言ったんじゃない!○○(私)は、どんな状況でも楽しめるところが本当にすごいな…ってことを言いたかったんだ!そんな風に楽しそうな○○を見ているのが好きだし」

ということらしいですが、その時の話の文脈では、私には到底そんな風には聞こえず…(- -)

だってさ、そんなポジティブな意味で「貴族」って例え・表現って使う???

そして、間違いなくこの発言があった時、夫もまた別の面で彼の人生の中でもかなりストレスフルで厳しい状況にいたこともわかっているので、私の気楽さ(に見えてただけだけど)・隣の芝生の青さに対するうらやましさもあったのではないかな…と私には推測されます…



以上、つまりはどちらの失言も子どもが1歳の大変な時に、夫の育児への当事者意識のなさや無理解からくる(少なくとも私にはそう感じた)言葉だったのでした。

さすがに最近は大地雷は踏まないようになってきた夫。

少しは成長しているではないか…(-v-)。。。
(小地雷は多々アリですけどw)



以上、夫に対する不満・課題点をぶちまけてみました…(。-∀-)

このままで終了するにはあまりに忍びないので、
後編は尊敬する点も書いておこうと思います…(-v-)

つづく→

【おまけ】

bababajutsu.jpg

↑リオ五輪・馬場馬術・個人決勝
インターネットライヴで観戦中

8年前の北京五輪は、香港まで夫(当時未婚)と、馬場馬術を観戦に行きました。

4年前のロンドン五輪は、夫と馬友達と3人でインターネットをTV画面に映して観戦。

4年前も双子を妊娠していたな~
(双子と第3子、まったく同じ出産予定日なので、双子もちょうど妊娠8ヶ月だったはず)

オリンピックイヤーに出産する私。
ってことは4年後も…

いや、ナイナイ…(。-∀-)

------------------------
ご訪問ありがとうございます!
↓いずれか1つ、応援クリックいただけますと嬉しいです^ ^

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
↓インスタグラム迷走中
Instagram

SHARE

6 Comments

e says..."おめでとうございます"
札幌双子母です。お久しぶりでございます。
第三子妊娠中&結婚5周年、おめでとうございます!!
くれぐれも体に気をつけて、出産後の毎日をのりきってくださいね!!

夫婦関係についてとても興味をもって目を通しました。
言葉にすることと感情的になることを避ける癖があって、溜めこんだ私は先日大爆発でき、夫もほんの少し変わってくれました。肉親じゃないから伝えないとわからない関係だからこそ、お互い思いやりをもって接したいとつくづく思います。(って私自身は相当思いやっているつもりなのですが…その気遣いを当たり前に思われているのが悔しいこの頃です)「貴族」って表現…、カチンとくる&ツボでした。
2016.08.17 14:47 | URL | #- [edit]
ニーム says..."あぁ・・・もう、分かります!"
もう悲しいくらい分かります。まさに同じ気持ちで、ゆうべ旦那にこのブログを見せました(笑)そしたら「この人(私)がいつも俺に言ってることと同じこと言ってるね・・・」って。

我が家は現在1歳半。まーさーに外!外!外!で朝から大絶叫。あの絶叫を聞いてるだけで頭がおかしくなりそう。外に行くにしても午前中でもすでに暑くて、外に連れて行くのも考えものでして・・・早く涼しくならないかな。

DIYもよーく分かりますよ。私は妊娠前まではランニングが趣味で毎日走ってたのですが、今はもう2キロほど走るだけでしんどい・・・子どもが寝ても旦那が帰ってくるのが0時とかなので走りになど行けず・・・もうひとつの趣味のお菓子作りも、現在同居のため、わざわざ義両親がテレビ見てる横のキッチンでする気にもなれず・・・悶々としています。

この毎日修羅場みたいな日々はいつおさまりますかね・・・もちろん年齢とともに大変さは変化していくのでしょうが、今これからがいちばん大変ですかね・・・?
2016.08.18 07:42 | URL | #- [edit]
mika says..."あははー"
まずは5周年おめでとうございます^^
そしてまた素敵な1年、5年、10年、、、ずーっと過ごせますように♪

旦那さん、ツボですよー。
どうしてここでその言葉?って思うくらい、ハタから見てるとそうは感じないけど、唯一の理解者、一番の理解者にそう言われると、はらわたが煮えくり返りますねー。
私も腹が立つかも^^;
パパさんなりのねぎらい?もあったのかもしれないけど、言葉選びを間違ってしまいましたねー(笑)
そっか。あのキッチン作ってるころにそういうことがあったのかー。
あのキッチン、私は本当に好き♪
細かな作りが親心の気遣いもあって、本当にいいなって思いますもん。
次の子にも受け継がれますね♪

あっ。
うちは「預かる」はないけど「完全にムリ」って言われることはよくありましたよー。
1人じゃどうしていいか分からん!とか平気で言うし、オイオイ。それでも双子の親をやってきたんじゃねーのかい?って思うこともよくあって。
今でも「ヒロはムリ」って言われますもん^^;
ヒロの寝かしつけは出来ん…とか言うし。確かにヒロも受け付けてないんだけど(笑)
でも、たった1度、1時間くらい見てもらったことがあったのだけど、それは今でも自慢げに言いますよー(笑)
「他の人には出来んと思うわー」って^^;
いやー。世の中、もっともっと出来るパパさんいるし…って思うのだけど、
そこはあえて否定もせず(私の優しさで)

ちなみにうちは最近、ヒマさえあればスマホ見てますよ><
だから双子たちも旦那にはあまり話しかけないというね^^;
話しかけるときは、何かが壊れたときと、レールを繋げて欲しい時くらい。
それ以外で話しかけても返答しないというね…人としてどうよ!?って思うからそこは怒ってます(笑)

ほんと、でも基本は感謝してます(ここで言うのはアレかしら)
協力的ではあると思うし。

ほんと、うちもオリンピックイヤーに生まれてるし、オリンピックの度に妊娠してたことを思い出します。
7ヶ月から8ヶ月で苦しかったし。
その時見てたのが私はアーチェリーだったんですよ。アーチェリーって初めて見たのだけど面白くて。

まだまだ暑い日が続くので体調に気をつけてくださいね^^
ではでは、またインスタにお邪魔します♪
2016.08.18 15:02 | URL | #- [edit]
静かな生活 says..."◆eさんへ"
eさん、こんにちは!お返事遅くなりました…m(_ _)m
すっかりご無沙汰しておりますが、ブログはお邪魔しておりますよ~^ ^
「うぉ~!札幌でそんな催しが?!」とか「うんうん…私もまだもう少し雌(メス)でいたいと思っていたところよ…」とか(。-∀-)(あ、お誕生日のリップの記事です^ ^;)

そしてお祝いメッセージをありがとうございます^ ^

eさん、かなり旦那様に気を使っているのですね…偉すぎる~(> <)
ブログも自制が効いたオトナな感じしますもん!
そういうクールな人になりたい。。。

私は愛情表現も怒りもかーなーりストレートだと思います…(-v-)。。。
ブチュブチュ~~!!!ブチブチ~~!!ドッカーーーーン!!!みたいな…
私は夫になにか気を使うと、必ず感謝の言葉やら態度やら、見返りを求めますw

本当に男の人って、そのものズバリ!を言葉にしないとわからん生き物のようですね…
でもeさんのように「たまに爆発する」から伝わる…という部分もあるのだろうな~
しょっちゅうブチ切れてるので「ま~た始まった」と絶対に思われてます…(。-∀-)

ね~?ね~~~???「貴族」ってないでしょ!!!
時と場合にもよるだろうけど、苦労している渦中に言われたら…もう…
ないわぁ~~~~~。。。
2016.08.25 02:03 | URL | #- [edit]
静かな生活 says..."◆ニームさんへ"
ニームさん、こんにちは!大変遅くなりました…m(_ _)m

お返事は遅くなりましたが…ニームさんも2年前のわが家と同じ状況なんだな~…と思い、
その後もブログで夫のことが出てくるたびに、ニームさんのことを思い出したりしていました。

1歳の話の通じない宇宙人。。。本当に厄介ですよね。。。
あれを通り過ぎ、年月のたった今、ある程度「子どもってこんなもん」「さすが子ども!」と思えるようになりましたが、(いや、今でも同じ状況だとキレることには変わりないけどw)あの状況を受け入れるまでに私は相当な時間を費やした気がします…(。-∀-)
しかも、結構イヤイヤとか勃発しない子もいるみたいで…
周りからも、なかなか双子で炸裂!の惨状が理解されずに、ますます孤立感を深めてつらい時期だったと思います。

ニームさん!ランニングがご趣味なのですか!!!す、すごい!!痩せてそう!w
(長距離、ほんとうに苦手だったので羨望…)
お菓子作りもダメかぁ…(> <)うん。。。同居だとストレス発散の傍ら、また別の気を遣うでしょうね…(- -)。。。
そりゃぁ悶々としますわね…

我が家の修羅場、ひとまず落ち着くまでに2ヶ月かかりました…orz
このブログにコメントくださった方には「3歳の向こう側で待ってます!」と励まして頂き…
「3歳の向こう側、3歳の向こう側……」とひたすらつぶやいていました^ ^;

このブログのコメ欄でもどこでも、すこ~しでも愚痴ってってね~~~!!(> <)
2016.08.29 00:27 | URL | #- [edit]
静かな生活 says..."◆mikaさんへ"
mikaさん、こんにちは^ ^遅くなりました…m(_ _)m
そしてお祝いのお言葉やキッチンへのお褒めのお言葉も…ありがとうございます^ ^嬉しいです!

でしょでしょ?!ハラたつでしょーーーー!!!w
これはもうね、棺桶まで恨みをもっていきますよ、私は…(。-∀-)
夫婦げんかをするたびに、チクチク蒸し返してやろうと思います。(←THE 女!w)

ヒロはムリ!
これまたストレートですねwww
そうそう、パパでも誰でも「この人は相手にしてくれない人。遊んでくれる相手じゃない」と子どもがひとたび判断すると、子どもの中のヒエラルキーの下層に配属されるので、「パパ~!」とはいかなくなるんですよね。もうハナから期待してないというか…^ ^;

で、我が家は今まで結局ぜ~~~んぶ「おかあさん!」だったので、私もしんどかったのですが、ようやく最近は分散されてきました^ ^;

妊娠とオリンピックの思い出…
私もすっかり忘れていたのですけど、いざその時になると思い出すものですね~^ ^
mikaさんはこれからアーチェリー観ると、妊婦の記憶が蘇るのかな^m^
苦しさもありつつ、それはまた幸せな記憶ですよね^ ^
子どもが大きくなったら、そのことをオリンピックごとに話すのも楽しみになりそうな…^m^

あ…インスタ…
完全放置ですわ~~~~(。-∀-)
たぶん、性に合ってない気がします~~~
2016.08.29 00:36 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。